『DUMANG DK6』を自由自在な左右分離型メカニカルキーボードにする

DUMANG_DK6_11.jpg


海外で見かけたDUMANGのキーパッド「DUMANG DK6」。
盤面にキースイッチが取り付けられて自由自在なセッティングができるメカニカルキーパッド。もしこれで2台接続できるなら面白い左右分離型メカニカルキーボードになると思いましたが、早速実践している人がいました。

キーの配置が自由にできるメカニカルキーパッド『DUMANG DK6』
http://watchmono.com/blog-entry-9066.html






DUMANG_DK6_12.jpg



DUMANG_DK6_13.jpg



DUMANG_DK6_14.jpg



DUMANG_DK6_15.jpg



DUMANG_DK6_16.jpg


この左右分離型メカニカルキーボード化を実践していたのはどうやら公式側の人のようで、作っている人ができるって言うのだから2台接続は可能と見ていい模様。また、製品情報を以前見た時はキー数が最大32個までとなっていましたが、実際は42個までいけるようで専用ソフトウェアの画面を見ても42個をちゃんと認識。2台合わせて84キーならテンキーレスに近い構成も他のキーを省いてテンキーを載せる構成もできますし、それらを自由に配置できるわけですからこれはもうユニークの一言。物自体は個人が頑張って作ったような品質なのでもしかしたら何か抜けている部分があるかもしれない、でも”ぼくのかんがえたさいきょうのキーボード”をいつでも形にできるとなると大きな可能性を感じますね。







  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- アーカイブ -