【アンプ】クリエイティブ 『Sound BlasterX G6』 レビューチェック

Sound_BlasterX_G6_01.jpg


2018年8月に発売されたクリエイティブのアンプ「Sound BlasterX G6」。
Sound BlasterX G5」の上位モデルという位置付けになっているゲーミングUSBオーディオデバイス(USB DAC/ヘッドホンアンプ)。G5から音質・機能ともに強化されていると謳っていますが、ちょっとチェックしてみます。

Sound BlasterX G6 - アンプ - Creative Technology (日本)
https://jp.creative.com/p/amplifiers/sound-blasterx-g6





Banner_01.png



Sound_BlasterX_G6_02.jpg



Sound_BlasterX_G6_03.jpg



Sound_BlasterX_G6_04.jpg



Sound_BlasterX_G6_05.jpg



Sound_BlasterX_G6_06.jpg



Sound_BlasterX_G6_07.jpg



Sound_BlasterX_G6_08.jpg



Sound_BlasterX_G6_09.jpg



Sound_BlasterX_G6_10.jpg
(via quasarzone)





Banner_06.png


[#1]
PS4やSwitchのオーディオを強化「Sound BlasterX G6」。PCで384kHz/32bit再生も
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1134681.html

14,800円の「Sound BlasterX G6」でPCオーディオを高音質化。DTMにも使える?
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1138617.html



[#2]
ae5買おうかなって思ってたけどG6待った方がいいかな
今sbz使ってるけど



[#3]
個人的な意見だけどAE5もG5も両方持ってるけどG5の方が定位良い
今はAE5のドライバーが使いやすくなったから
G5より定位良くなって新しいドライバーを使えるならG6ほしいわ
とりあえず注文はした



[#4]
SoundBlasterX G6買ったけど
AE-5と同じドライバー?なはずだけど
イコライザーのサラウンドやスマートボリュームで
細かく数字指定できないね
オートとかワイドを選ぶ形



[#5]
2chでピュアサウンドを楽しみたいゲームも臨場感抜群で楽しみたい
って言う欲張りDACが欲しいです



[#6]
>>#5
2万ならSound BlasterのG6で良いんじゃね?
ゲームも音楽も両方そこそこいけるよ



[#7]
g6、ps4で光デジタルとUSBで繋いだ場合は
それぞれ音量調整出来ないんやなあ。ちょっと残念。



[#8]
G6 DSD再生はWindowsドライバだから出来るわけか
androidとかiphoneじゃ無理か...



[#9]
g6いいね
初サウンドカードだから他との比較はできないけど
オンボードと比べると段違いだ



[#10]
g6どうなのよ?
gsx1000から買い換えるほどでもない?
値段は安いけど



[#11]
>>#10
gsx1000からg6に乗り換えようと買ってみたが
思ったより劇的変化がなかった
イコライザいじれたり細かい設定はできるのプラスだが



[#12]
G6買うならDACにSARBEチップ使ってるAE5の方が良いと思うけどね



[#13]
>>#12
G6選ぶ人は外付けってところにも魅力感じてると思う



[#14]
G6届いて今色々試してる
カニ1150(hesuvi)光接続オーテクHPAを併用するか
単体(+付属アプリ)で使っていくか
たぶん併用するとおもうけど

単体で使っても音はかなり良い
あと放熱で長時間使用に向かないってことはない
そもそも本体がほとんど熱くならん



[#15]
G6すごいわ
HD25をつなげてR6Sやってるけど
普通に足音聞きやすくて定位もバッチリだわ



[#16]
G6はプリセットが使えるのがいいかな。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダイナミックレンジ130dBのDAC搭載、左右チャンネル独立のヘッドホンアンプ・Xamp搭載、ヘッドホン出力/マイク入力/光デジタル出力/光デジタル入力/USB端子の入出力端子装備、最大384kHz/32bitのハイレゾ再生&DoPによるDSD再生対応(Windows 10)、光デジタル入力のDolby Digitalデコード対応、バーチャル7.1サラウンド対応(PC接続)、ゲーム内の環境音をハイライトするScout Mode、ロゴがRGBで発光するAurora ReactiveライティングシステムLED、最新版のWindows用ソフトウェア・Sound Blaster Connect 2、などが特徴。サイズは70x111x24mm、重量は約144g。ちなみに使用パーツの詳細は、MCUがNXP製のLPC1830FET100、DACがCirrus Logic製のCS43131、とのこと。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は外付けのUSBオーディオデバイスとして考えればかなり良い、当然だがオンボードと比べれば段違いに良い、音の定位も非常に良くて足音が聞き取りやすい、ゲームでの実用は十分だがSENNHEISERの「GSX 1000」(AA)あたりから乗り換えても大きな変化はない、ゲーム機や端末でも使えると謳っているが機能をいフル活用できるのはPCだけ、本体の発熱はまったく気にならない、20,000円以内でゲームも音楽も楽しみたい場合には良い選択肢、といった内容。同等の製品を持っている人が乗り換えても期待したほどの変化はないかもしれませんが、これから新調する場合なら同類の中でも最新なので選ぶメリットは大きい印象。内容的に上位モデルなだけあってG5よりは確実にいいでしょうね。「Sound BlasterX G6」は現在14,000円台の価格で販売されています。




Creative Sound BlasterX G6
posted on 2018.10.07
クリエイティブ・メディア
売り上げランキング: 1



  


- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09