超薄型で壁掛けも可能な液晶モニター 『AOC e943Fwk』 画像など

e943Fw_01.jpg


AOCの18.5インチ液晶モニター「e943Fwk」。
LEDバックライトを採用したモデルで、液晶の厚さが12.9mmという最薄クラス。
以前海外で見かけたものですが、日本でもブラックカラーのモデルが発売したようです。
画像は海外モデルのホワイトですが、ちょっと見てみます。

e943Fwk AOC Monitor the Worldwide Leader in Display Manufacturing
http://www.aocmonitorap.com/japan/monitor_261.php





e943Fw_02.jpg
(via HardwareBase.net)

e943Fw_03.jpg
e943Fw_04.jpg
e943Fw_05.jpg


e943Fw_06.jpg



e943Fw_07.jpg



e943Fw_08.jpg



e943Fw_09.jpg
(via Jagat Review)


e943Fw_10.jpg



e943Fw_11.jpg


液晶はTNパネルで視野角170/160、解像度1366x768、応答速度5ms、輝度250cd/m²というスペック。
入力端子はDVIとD-sub。サイズが小さいのもあって重量は2.12kgと軽量。消費電力は18W以下となっています。
VESAマウントに対応していますが、取り付けがスタンド台座の裏側なので
モニターアームが取り付けられるというよりも、壁掛けが可能といった方がいいでしょうか。

こういうタイプの液晶モニターは以前からありましたけど、最近では見かけないのでちょっと珍しい。
海外では18.5インチから23インチまで複数のサイズがありますけど、日本では今のところ18.5インチのみ。
最初にも言ったとおり日本で発売されているカラーは、画像のホワイトではなく全身ブラックのモデルです。
e943Fwkの価格は現在13,000~14,000円くらいで販売されています。安くも高くもない感じですが
液晶の薄さをウリにしてるだけあって、ほんとペッタンコですね。