Kingston、kailh銀軸採用のメカニカルキーボード『HyperX Alloy FPS RGB』

HyperX_Alloy_FPS_RGB_01.jpg


海外で見かけたKingstonのキーボード「HyperX Alloy FPS RGB」。
HyperXブランドで第一号となったゲーミング・メカニカルキーボード「HyperX Alloy FPS」のRGBモデル。ただ単にキーバックライトがフルカラーになっただけでなく、kailh銀軸(Silver Speed)のキースイッチ採用も特徴としています。

メカニカルゲーミングキーボード | HyperX
https://www.hyperxgaming.com/jp/keyboards





HyperX_Alloy_FPS_RGB_02.jpg



HyperX_Alloy_FPS_RGB_03.jpg



HyperX_Alloy_FPS_RGB_04.jpg



HyperX_Alloy_FPS_RGB_05.jpg



HyperX_Alloy_FPS_RGB_06.jpg
(via lowyat/quasarzone)

キーボード自体の構造は通常モデルと変わっておらず、フローティングデザインになっているフルサイズでケーブルは着脱式。主な変更点はkailh銀軸のキースイッチ採用とカスタマイズ可能なフルカラーのキーバックライト搭載、そこに関わる機能が追加など。発売日・価格等の詳細は現時点で明らかにされておらず。・・・・kailh銀軸はキースイッチだけなら結構前から出回っていたと思いますが、ちゃんと形になっている製品で採用しているのはこれが初見。キーストローク:3.5mm/押下圧:40gとのことなのでCherry MX銀軸とは打鍵感が少し異なる可能性あり。名の知れたゲーミングデバイスメーカーのメカニカルはCherry MXが再び主流、もしくは自社名義のキースイッチを使うところが多くなった状況で、あえてそれを採用した試みにどのような反響があるのかも少し気になります。

<関連記事>
【キーボード】Kingston 『HyperX Alloy FPS RGB』 画像など

https://watchmono.com/blog-entry-9256.html




HyperX Alloy FPS RGB
posted on 2018.09.15
キングストンテクノロジー
売り上げランキング: 221