【キーボード】Kinesis Gaming 『Freestyle Edge』 画像など

Freestyle_Edge_06.jpg


海外で発売されているKinesis Gamingのキーボード「Freestyle Edge」。
Kinesis Advantage2」で知られるKinesisが初めて手がけたゲーミングメカニカルキーボードで、ゲーマー向けの製品ではこれが初ともなる左右分離型モデル。クラウドファンディング経由で展開していたものですが、ちょっと見てみます。

Freestyle Edge Split Gaming Keyboard – Kinesis Gaming
https://gaming.kinesis-ergo.com/fsedge/





Freestyle_Edge_07.jpg



Freestyle_Edge_08.jpg



Freestyle_Edge_09.jpg



Freestyle_Edge_10.jpg



Freestyle_Edge_11.jpg



Freestyle_Edge_12.jpg



Freestyle_Edge_13.jpg



Freestyle_Edge_14.jpg



Freestyle_Edge_15.jpg
(via imgur/twitter)

特殊レイアウトの左右分離型デザイン、Cherry MXキースイッチ採用(赤軸/青軸/茶軸)、ブルー単色のキーバックライト搭載、プログラム可能な8個のゲームキー搭載、キーボード上でカスタマイズ可能な全キープログラム機能、Nキーロールオーバー対応&100%アンチゴースト機能、3段階で傾斜がかけられるリフトキット(オプション)、などが特徴。サイズは幅393.7x奥行き260.3x高さ31.7mm、重量は1.27kg。製品展開は最初クラウドファンディング経由で行っており、近日中に公式サイトでも販売開始される模様。価格は219ドル。・・・・前述のとおり左右分離型のゲーミング・メカニカルキーボードなんて前代未聞の代物ですし、ゲームに適しているかどうかはもう各自の主観によると思いますが、左右分離型のメカニカルとしては存在するどれとも違うタイプなのでマニア受けするかもしれませんね。




Kinesis Advantage2 KB600LF 赤軸
posted with あまなつ on 2017.11.21
Kinesis
売り上げランキング: 3330