kailh BOX軸を採用したメカニカルテンキー/電卓『Kailh Pocket』

Kailh_Pocket_01.jpg


海外で見かけたkailhのテンキーパッド「Kailh Pocket」。
電卓としても使えるメカニカルテンキーパッドといえばDucky Channelが「Ducky Pocket」を出していましたが、これはそれをベースにしたと思われるBOX軸採用モデル。少し前にMassdropでも取り扱われていたようです。

Kailh Pocket RGB Mechanical Numpad | Massdrop
https://www.massdrop.com/buy/kaihua-kailh-x-ducky-pocket-rgb-mechanical-numpad





Kailh_Pocket_02.jpg



Kailh_Pocket_03.jpg



Kailh_Pocket_04.jpg



Kailh_Pocket_05.jpg
(via geekhack)

キースイッチ:kailh BOX、キー数:23、キーキャップ:PBT/2色成形、サイズ:162x95x41mm、重量:280g、という仕様。フルカラーのキーバックライト&イルミネーションモード搭載、LCDパネル搭載、Nキーロールオーバー対応、マクロレコーディング機能、単体で電卓の使用可能(電池:CR2032)、といった点はDucky Pocketと共通。kailh BOX軸は8000万回の高耐久性やIP56準拠の防水設計などを特徴としており、種類はBlue(White)/Brown/Redがある模様。価格は90ドル前後or499人民元。・・・・キースイッチの製造元として知られるkailhがこういう製品を出している事も珍しいですし、BOX軸はまだごく一部の中華系でしか使われていないので目新しさがあり。それにしてもメカニカルのテンキーはついこの間まで選択肢がわずかだったのに、ここ1年くらいで急に増えてきましたね。




ARCHISS ProgresTouch RETRO Npad
posted with あまなつ on 2017.10.01
ARCHISS
売り上げランキング: 45