エレコムのトラックボール『M-HT1DRBK』は想像以上の大きさだった

M-HT1DRBK_01.jpg


2017年7月に発売されたエレコムのトラックボール「M-HT1DRBK」。
直径52mmの大型ボールや低反発素材のパームレスト採用を特徴とした新型のワイヤレストラックボール。イメージ画像を見ただけではピンときませんでしたが、実機を見比べると想像以上に大きいサイズのようです。

ワイヤレストラックボール(人差し指・中指操作タイプ) - M-HT1DRBK
http://www2.elecom.co.jp/products/M-HT1DRBK.html





M-HT1DRBK_02.jpg



M-HT1DRBK_03.jpg



M-HT1DRBK_04.jpg
(via baidu)

幅114.7x奥行き181.9x高さ57.2mmというサイズ、Kensingtonの大玉タイプまでとはいかなくともそれに近いボール直径、それらの数字だけ見ても大きいという事はなんとなくわかる、でもその大きさがどれくらいなのかは実際見るか比べてみないとはっきりしない感じ。で、ワイヤレストラックボールの代表機とも言えるロジクールの「M570t」(AA)と外観比較があったので拝見すると、大人と子供くらいサイズが違っている・・・・こんなに大きかったのかと。エレコムがこれまでに出したトラックボールはどれもロジクールの製品が比較対象になっていましたが、これはKensingtonの方が対象になりそう?。いずれにせよ1年に1つか2つ新製品が出ればいい部門なので、この新型は国内外問わず注目されるでしょうね。

<関連記事>
【トラックボール】エレコム 『M-HT1DRBK』 レビューチェック

http://watchmono.com/blog-entry-7846.html




エレコム トラックボールマウス ワイヤレス 大玉 8ボタン チルト機能 ブラック M-HT1DRBK
エレコム(2017-07-19)
売り上げランキング: 612