Sharkoon、最薄スイッチ採用の薄型メカニカルキーボード『PureWriter』

PureWriter_01.jpg


海外で見かけたSharkoonのキーボード「PureWriter」。
日本でもゲーミングデバイスをリリースしているSharkoonの薄型メカニカルキーボード。先に言っておくとオリジナル品ではなく、テンキーレスの方は先日取り上げたDAREUの「EK820」と同型のモデルです。

Sharkoon - キーボード
https://ja.sharkoon.com/category/ゲーミング製品/キーボード.aspx





PureWriter_02.jpg



PureWriter_03.jpg



PureWriter_04.jpg



PureWriter_05.jpg
(via GEEKNETIC/PROHARDVER!)

kailh製の薄型メカニカルキースイッチ採用(耐久性:5000万回)、ブルー単色のキーバックライト搭載、複数のパターンで発光するライティングモード搭載、Nキーロールオーバー対応&アンチゴースト機能、ポーリングレート:1000Hz、ケーブル着脱式、アルミニウム合金製のフレーム(トップカバー)採用、実機と一緒に展示されていたプレートには以上のような記載があり。ラインナップはテンキーレスとフルサイズの2タイプ、欧州では7~9月に発売予定とのこと。キースイッチの正体はおそらく現時点で最薄のタイプとなる”kailh KU”、キーボード自体もメカニカルとしては最薄の存在となるのではないかと。前述のとおり中華系がOEM元となっているであろう非オリジナル品ですが、日本で出回る可能性はその中華系よりSharkoonの方が高いでしょうね。




Sharkoon SKILLER MECH SGK1ゲーミングメカニカルKB (赤軸)
Sharkoon SKILLER MECH SGK1
posted with あまなつ on 2016.12.29
Sharkoon(2016-12-20)
売り上げランキング: