コンパクト・メカニカルキーボード『Magicforce Smart』が4,000円強で販売中

Magicforce_in_Japan_01.jpg


海外で発売されているMagicforceのキーボード「Magicforce Smart」。
コアなユーザーの間でも人気が高い特殊コンパクトサイズの中華メカニカルキーボード。その人気の理由は特殊なタイプで出来は悪くないうえにお手ごろな価格で買えるところですが、日本でも同じくらいで販売するところが出てきました。

普及版も登場した68キーの中華メカニカルキーボード(Magicforce Smart)
http://watchmono.com/blog-entry-6013.html





Magicforce_in_Japan_02.jpg



Magicforce_in_Japan_03.jpg



Magicforce_in_Japan_04.jpg



Magicforce_in_Japan_05.jpg



Magicforce_in_Japan_06.jpg



Magicforce_in_Japan_07.jpg



Magicforce_in_Japan_08.jpg
(via Amazon)

今回4,000円強(本体3,999円+送料340円)で売っているものは普及版で、キーバックライトが搭載されていなかったりキースイッチがOUTEMU製だったり通常版に比べるといくつかグレードダウンしているところがあり。ラインナップはフレームがシルバー・ゴールドの2種、キースイッチが茶軸・青軸・黒軸の3種。通常版の方も取り扱っており、そちらは2,000円くらい上乗せする形で販売中。ちなみに海外で人気が高いのは安く買える普及版の方だったりしますし、通常版は上海問屋が結構前から取り扱っていたりするので目新しいものでもなし。自分もMagicforceが海外と変わらない価格で入手できるなら買っておこうかなと思ったりする。ただ、一つ引っかかるのは販売している業者。詳細を見ると中国の新規出品者で取引の実績がありませんから、信頼できるかは現時点で何とも言えません。