beyerdynamicのボックスレスBluetoothイヤホン『Byron BTA』

Byron_BTA_01.jpg


海外で見かけたbeyerdynamicのイヤホン「Byron BTA」。
日本だとヘッドホンのイメージが強いbeyerdynamicがBluetoothイヤホンを2ラインナップでリリースする模様。上位モデルとなるこれはBluetooth 4.2の通信方式やaptX/AACコーデック対応を特徴としたボックスレスタイプです。

beyerdynamic Byron BTA wireless: Premium Bluetooth In-Ear headphones/headset
https://europe.beyerdynamic.com/shop/byron-bta-black-silver.html





Byron_BTA_02.jpg



Byron_BTA_03.jpg



Byron_BTA_04.jpg



Byron_BTA_05.jpg



Byron_BTA_06.jpg
(via monospace)

通信方式:Bluetooth 4.2、プロファイル:A2DP/AVRCP/HSP/HFP/SPP、コーデック:aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約7.5時間、充電時間:約1.5時間、ドライバー:ダイナミック型、再生周波数帯域:10Hz - 25kHz、重量:12g、という仕様。DSP内蔵によるナチュラルサウンド、イヤホン同士が着脱するマグネットハウジング、インラインリモコン/マイク装備、耳にしっかりフィットするスタビライザー装着可能、などが特徴。充電はUSB端子ではなく専用のチャージングクレードルにインラインリモコン/マイク部を取り付けて行う仕組み。北米での実売価格は現在199ドル(ちなみに下位モデルのByron BTは99ドル)。ボックスレスタイプのBluetoothイヤホンはB&O PLAYの「BeoPlay H5」(AA)をはじめ、ハイエンドクラスと言える価格帯は数が増えて激戦区になっていますが、オーディオ機器の実績はどのメーカーよりもあるBeyerdynamicの製品ですから気になる一品ですね。