i-Rocksのメカニカルキーボード『i-Rocks Fun』のフレームを着せ替える

i-Rocks_Fun_Panel_01.jpg


海外で発売されているi-Rocksのキーボード「i-Rocks Fun (K76M)」。
独自の静音メカニカルキースイッチ採用やレゴブロックが取り付けられるフレームが特徴的なメカニカルキーボード。そのフレームはオプションで他のタイプに交換できるのもウリにしていましたが、実践した例があったのでちょっと見てみます。

レゴブロックが取り付けられるメカニカルキーボード『i-Rocks Fun (K76M)』
http://watchmono.com/blog-entry-6677.html





i-Rocks_Fun_Panel_02.jpg



i-Rocks_Fun_Panel_03.jpg



i-Rocks_Fun_Panel_04.jpg



i-Rocks_Fun_Panel_05.jpg



i-Rocks_Fun_Panel_06.jpg



i-Rocks_Fun_Panel_07.jpg



i-Rocks_Fun_Panel_08.jpg



i-Rocks_Fun_Panel_09.jpg



i-Rocks_Fun_Panel_10.jpg
(via ptt)

デザインは合計10種類あり。どうやらフレーム自体にデザインが施されているわけではなく、アクリル製フレームとフィルムの組み合わせになっている模様(着せ替えるのはフィルム)。交換するものがフレームではなくフィルムなら安く済むので手軽にいくつも試す事ができるでしょうし、その気になれば好みのデザインで自作する事も可能。通常のレゴブロックフレームでも遊び心があるのに、こういう事もできるのは他に類を見ない面白さがありますね。ちなみにフレームを着せ替えられるメカニカルキーボードはCooler Masterの「MECH」(AA)がありましたが、交換用フレームが高かったせいか全然普及しなかったよなぁ・・・・。