上海問屋のデュアルドライバーイヤホン『DN-12543』が1,000円を切る

DN-12543_01.jpg


2015年1月に発売された上海問屋のイヤホン「DN-12543」。
中・高音域用・低音域用のダイナミックドライバーを搭載したデュアルドライバー仕様のイヤホン。発売当時の価格は7,499円、それをアウトレット品の形ですが1,000円を切る大幅値下げで放出していました。

価格.com - 上海問屋、デュアルドライバーを搭載したカナル型イヤホン
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2046/id=44453/





DN-12543_02.jpg



DN-12543_03.jpg



DN-12543_04.jpg



DN-12543_05.jpg



DN-12543_06.jpg



DN-12543_07.jpg



DN-12543_08.jpg
(via gfan)

製品情報で公開されているパッケージなどを見るに、Moeというメーカーの「SS01」(AA)をそっくりそのまま取り扱っている模様。北米では50ドル前後で販売されていたようで、上海問屋の価格設定は決して高すぎるというわけでもない。ただ、ここのイヤホンで人気を得ていたものはどれも低価格帯でしたし、出所が不明でも安いから受け入れられていた感がありますから、これが大幅に値を下げるほどの状況になっているのも納得がいくでしょうか。とはいえ、それを1,000円弱で販売するのはさすがに思い切りが良すぎる印象。もしかしたら今まで取り扱った製品の中でコストパフォーマンスが一番高いかもしれませんね。




中・高音域用と低音域用のデュアルドライバー搭載
上海問屋