Cherry MX系キーが装着可能なメンブレンキーボード『HAVIT HV-KB380L』

HV-KB380L_01.jpg


2016年2月に発売されたHAVITのキーボード「HV-KB380L」。
虹色と言えるキーバックライトを搭載したメンブレン方式のゲーミングキーボード。最近多いAmazonだけで展開しているメーカーの製品ですが、キースイッチの形状は十字型でCherry MX系のキーキャップが装着できるようになっています。

HAVIT HV-KB380L - HAVIT Online
https://www.prohavit.com/products/hv-kb380l-gaming-keyboard/





HV-KB380L_02.jpg



HV-KB380L_03.jpg



HV-KB380L_04.jpg



HV-KB380L_05.jpg



HV-KB380L_06.jpg



HV-KB380L_07.jpg



HV-KB380L_08.jpg
(via Amazon)

キースイッチ:メンブレン、キーレイアウト:104キー英語配列、キーストローク:4.0±0.3mm、押下圧:60±15g、サイズ:幅446.9x奥行き149.3x高さ40.5mm、重量:1232g、という仕様。配列やキーキャップのフォントから察するに、おそらく中華系企業の製品を元にしたゲーミンキーボード。キーバックライトは虹色と言ってもRGB仕様ではなく色が固定されており、変更は不可能(輝度調整やイルミネーションモードは有り)。キーだけでなくフレーム側面も発光する仕組みになっている模様。日本では現在5,000円台の価格で販売中。Cherry MX系のキーキャップが装着できるメンブレンキーボードはTt eSPORTSの「COMMANDER Gaming Gear Combo」(AA)が結構前に出ていたりしますが、中華系で普及するようになれば短期間で機種が一気に増えるかもしれませんね。