Das Keyboard、フレームが交換可能なメカニカルキーボード『Division Zero X40』

Division_Zero_X40_01.jpg


海外で見かけたDas Keyboardのキーボード「Division Zero X40」。
Das Keyboard 4C」など独特なデザインのメカニカルキーボードで知られるDas Keyboardが、新たにゲーミングデバイスブランド”Division Zero”を立ち上げた模様。第一弾のラインナップに入っているこのキーボードは、独自キースイッチ採用やフレーム(トップパネル)交換可能を特徴としたモデルです。

Division Zero Gaming - X40 Pro Gaming Mechanical Keyboard
http://www.divisionzerogaming.com/x40/





Division_Zero_X40_02.jpg



Division_Zero_X40_03.jpg



Division_Zero_X40_04.jpg



Division_Zero_X40_05.jpg



Division_Zero_X40_06.jpg
(via GameCrate/TechSpot)

キーボード自体は5個のマクロキーやレッドのキーバックライトを搭載したフルサイズで、Nキーロールオーバー対応・USB 2.0パススルー・ゲーミングモード搭載・USBハブ/ヘッドホン&マイク端子装備・ケーブル着脱式といった特徴もあり。キースイッチはAlpha-Zulu”と名付けられたDas Keyboard独自のもの(形状はCherry MX系)で、リニア・タクタイルの2タイプ用意されている模様。フレームはアルミ製でデザインが5種あり、それぞれオプションで入手可能(価格は39.99ドル)。キーボード本体の価格は現在149ドルで販売中。似たようなメカニカルキーボードはCooler Masterの「MECH」(AA)がありましたが、あちらの方はデザインの違うフレームが別売りされる事なく終わってしまったので、着せ替えできるという面では実質これが世界初?ちなみにキーボードだけでなくマウスやマウスパッドも同時に出しているこのゲーミングデバイスブランド、今後どこまで展開を広げるのか注目ですね。