メカニカルキーボードのLEDを紙だけで変色させる

Mech-LED_Change_01.jpg


キーバックライト搭載のメカニカルキーボード・・・・ここ最近はLEDのカラーを自在に変更できるRGB仕様モデルが続々と登場していますが、以前は単色のものばかりでLEDに関しては選択の余地がほとんどなかった。その対策とも言うべきかLED部に装着して変色させるキャップが出回っていたものの、これが意外と入手しにくいものであまり知られる事なく消えてしまった感があり。ところがそういうものを導入せずとも紙だけで変色させる方法があったようです。

ロジクールのメカニカルキーボード『G710+』にLED変色キャップを装着
http://watchmono.com/blog-entry-5371.html





Mech-LED_Change_02.jpg



Mech-LED_Change_03.jpg



Mech-LED_Change_04.jpg
(via geekhack)

今回使用されていた紙は日本でもカラー豊富に販売されている半透明のトレーシングペーパー。それをキーキャップ裏の寸法に合うようハサミとパンチでカットして装着するだけ。で、装着済みのキーボードはご覧のとおり通常ホワイトのキーバックライトがいい感じに変色している、かつ極薄の紙なので使用感に影響を及ぼす事もなさそう(これに限らず変色させる方法はホワイトのキーバックライトが前提、ブルー・レッドなどではうまく変色しない)。トレーシングペーパーが1枚単位で購入できるならコストはたいしてかからないでしょうし、見栄えはキャップのものと大差なさそうですし、今まで見てきた中では一番手っ取り早くて良い方法ですね。