Mad Catzのゲーミングマウス『R.A.T.1』のパーツを自作する

Mad_Catz_RAT1_DIY_01.jpg


海外で発売されているMad Catzのマウス「R.A.T.1」。
メインモジュール・シャーシ・パームレストの3パーツだけで構成されている、シンプルかつユニークなゲーミングマウス。特徴の一つとしてパームレストが3Dプリンターで自作できるようになっていましたが、早速それを実践している人がいました。

【マウス】Mad Catz 『R.A.T.1』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-6083.html





Mad_Catz_RAT1_DIY_02.jpg



Mad_Catz_RAT1_DIY_03.jpg



Mad_Catz_RAT1_DIY_04.jpg



Mad_Catz_RAT1_DIY_05.jpg



Mad_Catz_RAT1_DIY_06.jpg
(via pcwaishe)

パームレストのデータは公式サイトで配布されており、それをダウンロードして使えばパームレストと中央部にはめ込むグリルが簡単に自作できる模様。種類はそれぞれ3つあり、組み合わせは自由。今回使った材料はABS樹脂で、一番軽い組み合わせは約4.61g。ちなみに標準装備されているパームレストの重量は約4.81gですから軽量化目的ではあまりメリットがない、でも複数のパーツを自分で作れるというアイデアは率直に面白い。・・・・3Dプリンターが登場した時にマウスのボディも自作できるんじゃないかと思った人は結構いるはず。それを部分的とはいえ実現可能になったのは何か未来を感じますし、ギミック性を重視してきたMad Catzが今後一番活かせるポイントかもしれませんね。




Mad Catz R.A.T. 1マウス ブラック オプティカル 3500 dpi 超軽量 50g フレーム 構造 モジュール デザイン デュアル ポジション パームレスト MC-R1-BK
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング: