Razer第一号のゲーミングマウス『Boomslang』を見てみる

Boomslang_01.jpg


1999年に発売されたRazerのマウス「Boomslang」。
世界トップクラスのゲーミングデバイスメーカーとなっているRazer。その歴史を振り返ってみるとこの業界では結構長く、設立は1998年。そして製品第一号として登場したのは、当時で考えるとハイスペックだったこのゲーミングマウス。今となっては骨董品扱いされるようなものですが、自分もそういえばRazer初期の製品をよく知っているわけでもなかったので、勉強の意味も含めてちょっと見てみます。

Razer - For Gamers. By Gamers. - Razer United States
http://www.razerzone.com/





Boomslang_03.jpg



Boomslang_04.jpg



Boomslang_05.jpg



Boomslang_06.jpg



Boomslang_07.jpg



Boomslang_08.jpg



Boomslang_09.jpg



Boomslang_10.jpg
(via pcwaishe)

・・・・10年前の製品でもほとんど見かけないであろうボール式のセンサー、必要最低限というかそれが最上限だったっぽい左右クリック+ホイールだけの構成(5ボタン式でした)、当時のトレンドだったと思われる半透明ボディ、15年以上前の製品なので相応の年季がところどころに感じられる印象。でも爬虫類をモチーフにしたデザインや妙に力を入れている梱包は、最初からそうだったんだなぁと再確認。現行機の一つである「Razer Taipan」(AA)と並べて見てみると、昔の方がエグいというか最近は本当に万人向けと言えるデザインになっているのがよくわかる。旧製品を振り返るというのも新製品とは違った面白さがありますね。