LEOPOLDのメカニカルキーボード『FC660C』のアルミケース

FC660M_AluminiuCase_01.jpg


海外で発売されているLEOPOLDのキーボード「FC660C」。
同型の静電容量無接点方式モデル「FC660C」は日本でも発売されましたが、こちらは未発売のメカニカルモデル。そのオプションとしてアルミニウム製のケースが存在するようです。

LEOPOLDの新型メカニカルキーボード『FC660M』
http://watchmono.com/blog-entry-2969.html





FC660M_AluminiumCase_02.jpg



FC660M_AluminiumCase_03.jpg



FC660M_AluminiumCase_04.jpg



FC660M_AluminiumCase_05.jpg
(via imgur)

このアルミケース(アルミフレーム)はLEOPOLD純正のオプション品ではなく、どこかの業者が製作して同類の製品を取り扱うマニアックなショップで販売されている模様。最初から付いているものに比べると角が丸みを帯びており、アルミ製という事もあって「Das Keyboard 4 Professional」(AA)などを出しているDas Keyboard製のキーボードに見えなくもない、そんな印象。こういうオプション品はフルサイズ・テンキーレス・コンパクトといった汎用性のあるタイプなら珍しくもないのですが、LEOPOLDしか出していないような特殊コンパクトでは珍しいかなと思って今回取り上げたわけであります。アルミを使ったキーボードはなんというか見栄えがぐっと上がりますね。