特殊コンパクト&スリムなメカニカルキーボード『ABKO HACKER K680』

ABKO_HACKER_K680_01.jpg


海外で見かけたABKOのキーボード「HACKER K680」。
拠点の韓国ではオリジナルのPC周辺機器をよく見かけるABKOのメカニカルキーボード。68キーの特殊コンパクトと言えるタイプで、スリムなフレームレス構造&キーバックライト搭載と組み合わせ的に目新しい作りになっています。

ABKO HACKER K680
http://prod.danawa.com/info/?pcode=3401842





ABKO_HACKER_K680_02.jpg



ABKO_HACKER_K680_03.jpg



ABKO_HACKER_K680_04.jpg



ABKO_HACKER_K680_05.jpg



ABKO_HACKER_K680_06.jpg



ABKO_HACKER_K680_07.jpg



ABKO_HACKER_K680_08.jpg


キースイッチ:kailh(青軸/赤軸/茶軸/黒軸)、キーレイアウト:68キー韓国語、ケーブル長:1.5m、サイズ:幅337x奥行き104.3x高さ37mm、重量:544g、という仕様。フレームレスのスリムデザイン、ホワイトのキーバックライト搭載、フルNキーロールオーバー対応、アンチゴースト機能、などが特徴。カラーはキーキャップがホワイト・ブラックの2ラインナップ。特殊コンパクトのキーボードといえばLEOPOLDの「FC660C」(AA)があってそれとよく似ていますが、こちらの方は右上のキーが2個多い&カーソルキーは少し離れた設置になっているので別物と言えば別物。最小コンパクトタイプより少し幅があるけれども正常な配列でカーソルキーも備わっている、そして削れる部分は削っているスリムな外観・・・・これはこれでなかなか良さそうですね。