プラ製も安くなっているCorsair Gamingのゲーミングマウスパッド(MM400)

MM400_Series_01.jpg


2015年2月に発売されたCorsair Gamingのマウスパッド「MM400」シリーズ。
表面は硬化プラスチックポリマーを、裏面は1.5mm厚の天然ゴムを採用したゲーミングマウスパッド。布製の「MM200」シリーズが投売りされていると先日取り上げましたが、プラスチック製のこちらも同様に安く売られているようです。

投売りされているCorsair Gamingのゲーミングマウスパッド(MM200)
http://watchmono.com/blog-entry-5620.html





MM400_Series_02.jpg



MM400_Series_03.jpg



MM400_Series_04.jpg



MM400_Series_05.jpg
(via Wall Of Gaming/Amazon)

今回も安く売っているのはツクモで、Compact Edition(310x235x2mm)は1,045円、Standard Edition(352x272x2mm)は1,598円で販売中。どちらも発売当初の価格から1/3以下になっており、海外の実売価格(Standardは現在20ドル前後)から考えても割安になっている。SteelSeriesのプラスチック製モデル「SteelSeries 4HD」(AA)と比較したレポートを参考にすると、Compactの方でもサイズは少し大きく、表面処理はきめ細かくなっているとのこと。それよりも1,000~1,500円くらい安く買えますし、プラ製入門用としても十分良さそうな内容です。




硬化プラスチックポリマーを採用したハイセンシングマウスパッド
CORSAIR