Razer、新型ゲーミングマウスの有線モデル『Razer Mamba Tournament Edition』

Mamba_Tournament_Edition_01.jpg


海外で発売されているRazerのマウス「Razer Mamba Tournament Edition」。
モデルチェンジした有線/無線両対応のゲーミングマウス「Razer Mamba (2015)」から機能をいくつか省いた、下位モデルとも有線モデルとも言える一品。上位の方はまだ発売日すら決まっていませんが、下位のこちらは既に出回っているようです。

Razer Mamba Tournament Edition - Ergonomic Gaming Mouse
http://www.razerzone.com/gaming-mice/razer-mamba-tournament-edition





Mamba_Tournament_Edition_02.jpg



Mamba_Tournament_Edition_03.jpg



Mamba_Tournament_Edition_04.jpg



Mamba_Tournament_Edition_05.jpg



Mamba_Tournament_Edition_06.jpg



Mamba_Tournament_Edition_07.jpg



Mamba_Tournament_Edition_08.jpg
(via baidu)

解像度:最大16000dpiの”5G Laser Sensor”、フルカラーでカスタマイズできるLED”Chroma lighting”、サイドボタン&チルトホイール搭載、新型のエルゴノミクスデザイン、といった点は上位モデルと変わらず。省かれたのはワイヤレス機能とクリック感調整機能、逆に追加されたのはロゴのLED。北米での価格設定は上位よりも60ドル安い89.99ドルで販売中。Razerの有線ゲーミングマウスといえば「Razer DeathAdder Chroma」(AA)が代表格となっていますが、それを凌ぐ存在になり得るかはまだわからない。でも新たなラインナップとして定着しそうですね。