ロジクールのメカニカルキーボード『G710+』にLED変色キャップを装着

G710+LEDcap_01.jpg


2013年2月に発売されたロジクールのキーボード「G710+ Mechanical Gaming Keyboard」。
キーバックライト搭載&静音リング装備を特徴としたゲーミング・メカニカルキーボード。フルカラーLED搭載のRGB仕様モデルが出回っている今となっては機能的に一昔前の感が否めない一品ですが、 これをメインに使っているユーザーは割と多かったりする。その中には一時期流行ったLED変色キャップを使ってフルカラーっぽく見せている人もいます。

【キーボード】ロジクール 『G710+』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-3377.html





G710+LEDcap_02.jpg



G710+LEDcap_03.jpg



G710+LEDcap_04.jpg



G710+LEDcap_05.jpg
(via imgur)

まだRGB仕様モデルの情報なんてまったく出ていなかった数年前、キーバックライトの色を変えるにはLEDを交換するしか方法がなく、もっと簡単にカスタムができないかと発明されたのがLED変色キャップ。取り付けはキースイッチに備わるLEDにはめるだけ。出た当時はなかなか画期的に思えるアクセサリだった反面、ホワイトのLEDじゃないと色がキレイに変わらないという短所もあった。RGB仕様モデルの登場で急速に廃れた感じでしたが、この「G710+」みたいな単色タイプが消滅したわけではありませんからまだ使い物になるよなぁ・・・・と。それにしてもこういうものが既に古いと感じるくらいメカニカルキーボードの進化が著しいんだと改めて思ったりもします。




LOGICOOL【FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア WINDOWS版 推奨】 メカニカルゲーミングキーボード G710p
ロジクール(2013-02-15)
売り上げランキング: 14867