コンパクト・メカニカルキーボード『Poker 3 (POK3R)』にハイプロ仕様キーキャップを装着

Poker3_SPKCS104D_01.jpg


海外で発売されているVortexのキーボード「Poker 3 (POK3R)」。
コンパクト・メカニカルキーボードの類では代表格と言えるPokerシリーズの最新モデル。早くも入手報告が次々に挙がっており、シリーズの人気ぶりは健在しているようですが、マニアックな層にも人気を得ている一品なので入手して即カスタマイズされているのも割と多い。その中で目を引いたのがFILCOのハイプロ仕様キーキャップを装着したものです。

【キーボード】Vortex 『Poker 3 (POK3R)』 画像など
http://watchmono.com/blog-entry-5300.html





Poker3_SPKCS104D_02.jpg



Poker3_SPKCS104D_03.jpg



Poker3_SPKCS104D_04.jpg
(via imgur)

アルミフレームを標準採用した事によりスリム化を実現したPoker 3、それに背高で肉厚のハイプロ仕様キーキャップを装着する・・・・言葉だけではミスマッチに思える組み合わせですが、実際に見るとそこまで違和感はなく、いかにも玄人向けな外観は一部の間で好まれそうな印象。こういうのを見かける度に自分も使用中の「Majestouch MINILA Air」(AA)でやってみたいなぁと思ったりする。でもそのキーキャップセットは標準的なタイプに向けたもので、特殊なタイプのMINILAでは換装できない。Majestouch専用となっているのに使えないってのはちょっとモヤモヤしますね。