エレコムのトラックボール『M-XT1URBK』が3,000円を切る

M-XT1DRBK_00.jpg


2014年10月に発売されたエレコムのトラックボール「M-XT1URBK」。
久々の新型トラックボールとして国内外問わず注目集めたワイヤレスモデル。難点がありながらも多機能な内容と割安な価格でロジクール完全一強の牙城を崩す存在になっていますが、エレコムらしいというべきかそれでも値下がりが止まらず、ついに3,000円を切りました。

【トラックボール】エレコム 『M-XT1DRBK / M-XT1URBK』 レビューチェック
http://watchmono.com/blog-entry-4862.html





M-XT1DRBK_12.jpg



M-XT1DRBK_02.jpg



M-XT1DRBK_03.jpg



M-XT1DRBK_01.jpg


ボールのせいで動作がおかしいと言われていた難点は現在も改善されていないらしく、ライバル機である「ロジクール M570t」(AA)のボールを移植すれば解消するという皮肉な対策も引き続き有効。そのあたりも理由でロジクールの方を支持する声は今でも多いですが、価格面に関しては真逆の動きをしていたのでエレコムの方がだいぶ割安。ほんとボールさえ改善されれば・・・・でもここの製品は出したらそれっきりのイメージが強いので、これから導入を検討している人はボール交換前提で考えた方がいいでしょうね。




ELECOMワイヤレストラックボール 5ボタン チルト機能 握りの極み ブラック M-XT1DRBK
エレコム(2014-10-17)
売り上げランキング: 246