OAチェア『Ergohuman PRO』を1年ほど使ってみて・・・・

Ergohuman_Pro_63.jpg


エルゴヒューマンから発売されているOAチェア「Ergohuman PRO」。
100,000円以内の価格帯では定番の一つとなっているメッシュチェアで、同社製品の中では最上位となる
フラッグシップモデル。自分も購入して早1年・・・・正確には1年2ヶ月ほど経ちましたが、改めて感想でも。
今回はどちらかと言えば気になってきた部分を中心に触れていきます。

OAチェア『Ergohuman PRO』を半年ほど使ってみて・・・・
http://watchmono.com/blog-entry-4127.html





Ergohuman_Pro_64.jpg


■その1、メッシュの座面は夏場でも本当に快適だった------
1年使った=春夏秋冬フルシーズン使った事になりますが、振り返るとメッシュの座面は通気性が抜群で
特に真夏のシーンではそれを存分に実感できた。以前はクッションのタイプを使っており、真夏でなくても
お尻まわりが蒸れて汗ばむ事が多かった。これを導入してからはそれが皆無。お尻だけでなく腰~背中
まわりも蒸れる事はそういえばなかったですね。






Ergohuman_Pro_65.jpg


■その2、座面の”ヘタリ”は1年経過でまだそこまで感じる事もない------
OAチェアを使っていけばどんなモデルだろうと必ず劣化が出てくると思われる座面。新品と直に比べれば
差があるかもしれませんが、今のところ”ヘタリ”を感じる事もなくまだまだ十分使えそうな印象。っていうか
このクラスがたかだか1年でヘタってもらっちゃ困りますね。






Ergohuman_Pro_66.jpg


■その3、座面の端に”黄ばみ”が付くようになってきた、ホワイトだとやや目立つ------
画像ではわかりにくいかもしれませんが、このOAチェアの座面下はクッション材で一帯を囲っている作りに
なっている。そのせいもあってか端の部分に黄ばみが付くようになって、ホワイトのカラーだとやや目立つ。
洗剤やアルコールで拭いても取れなかったので、漂白みたいな事でもしない限り除去は無理かも・・・・。
エルゴヒューマンの別カラーはどれも濃いめなので気になりそうもないし、ホワイト特有の欠点でしょうか。






Ergohuman_Pro_67.jpg


■その4、座面にクッション材がはみ出してきた------
上記でも触れたとおり座面下のまわりにはクッション材が使われているのですが、端のごくごく一部が
圧力で押されたかのごとくはみ出してきた。これは徐々に増えていきそう・・・・。






Ergohuman_Pro_68.jpg


■その5、アルミダイキャストのパーツはそのままにしておくと曇ったような感じになる------
購入時はツルツルピカピカだったアルミダイキャストの各パーツも、湿気などの影響のせいか曇ったような
ムラが見られるようになってきた。でも材質に適した研磨剤で磨けば元に戻るでしょう。ここまでの状態に
なってしまったのは単にメンテナンス不足ですね・・・・反省。






Ergohuman_Pro_69.jpg


■その6、可動部から”軋み”を感じるようになってきた------
調整機能が豊富なモデルという事もあって可動する部分も多く、そしてその部分から”軋み”を若干感じる
ようになってきた。要は座面や背面を動かすとギシギシ鳴るわけです。これもグリス塗ったりなどメンテで
改善されはしますが、構造が複雑なせいでどの部分が原因なのかわかりづらかったりします。






Ergohuman_Pro_70.jpg


■その7、調整機能が豊富なところは、使っていくうちにやはり重要だと再確認------
座面の位置&チルト調整、背もたれ&ヘッドレストの位置調整、アームレストの各調整、リクライニングの
固定&テンション調整など、あらゆる部分に調整機能が備わっているこのモデル。使っているとポジション
を気まぐれに変えたくなる事が割とあったり、別のセッティングがその時の最適だったみたいな新発見も
あるので、あれこれいじれるのはやはり大きなポイントだなーと1年以上使ってみて改めて思います。






Ergohuman_Pro_71.jpg


■その8、個人的にはフットレストがあった方がより快適に使える------
クロックスのサンダルを部屋履きにしていても、後傾の状態だと足のポジションに少し違和感があったので
数ヶ月前にフットレストを導入。そしてその違和感は解消。前傾気味の状態で足を置く事はありませんが
少しでも後傾の状態になる時に足を置くと、本当に楽なポジションが取れるのを実感。このモデルに限らず
どのOAチェアでも試す価値があるオプションでしょう。






Ergohuman_Pro_72.jpg


■総評:使用感・経年劣化は徐々に出てきたが、それでも買ってよかったと今でも思う------
どんなものでも使っていれば消耗する、特に毎日使うようなものはそれが早くても仕方ない、このチェアも
例外なく使用感・経年劣化が出てきました。しかし今回挙げた部分を含めて使用の際に問題があるわけ
でもなく、手を加えれば改善される点もありますから許容範囲。そして1年以上経つ今でも買ってよかった
としみじみ思います。以前使っていた安物に比べて体の負担が本当に激減。背中のハリ、慢性的な腰痛
時々発生するお尻の激痛、それらを感じる事がめっきり減りました。2年後・3年後も同じ事が言えるかは
その時になってみてからですが、今この時点で購入金額分の効果は既に得られたと満足しています。




オフィスチェア Ergohuman エルゴヒューマンプロ ハイタイプ EHP-HAM  WH(KM-16)
Ergohuman (エルゴヒューマン)
売り上げランキング: 333839