LEOPOLDのキーバックライト搭載メカニカルキーボード『FC900R LED』

FC900R_Standard_LED_01.jpg


海外で見かけたLEOPOLDのキーボード「FC900R LED」。
主にメカニカルキーボードで知られる韓国メーカー・LEOPOLD。それだけでなく静電容量無接点方式の
FC660C」みたいなモデルも出していたりしますが、自社製品では初となるキーバックライト搭載機を
新たにリリースしたようです。

LEOPOLD - FC900R LED
http://www.leopold.co.kr/?doc=cart/item.php&it_id=1416291545






FC900R_Standard_LED_02.jpg



FC900R_Standard_LED_03.jpg



FC900R_Standard_LED_04.jpg



FC900R_Standard_LED_05.jpg
(via danawa)

キースイッチ:Cherry MX(赤軸/茶軸/黒軸/青軸)、キーレイアウト:104キー英語/韓国、キーピッチ:19mm
キーストローク:4±0.5mm、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅440x奥行き140x高さ33mm、重量:1.2kg、という
仕様。スタンダードなフルサイズのデザインで、キーバックライトのカラーはホワイト。キーキャップは印字が
擦れない2色成形タイプ。発光モードは数パターンある模様。

キーバックライト搭載のメカニカルキーボードは特に珍しくもなく、Corsair Gamingの「K70 RGB」(AA)などの
RGB仕様モデルが出ている今となっては強調できる点でもなし。ただ、LEOPOLDは日本で言うとFILCOや
HHKBみたいな質実剛健のイメージがあったので、こういう類に手を出してきたのは少し意外にも感じたり。
光る機能は別に必須ではない、むしろ不要という人もいると思いますが、これも時代の流れですかね。




  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- カレンダー -

- アーカイブ -

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09