『HHKB Professional2』をBluetoothキーボードに改造

HHKB2_Bluetooth_01.jpg


PFUから発売されているHappy Hacking Keyboardのキーボード「HHKB Professional2」。
日本が誇る静電容量無接点方式キーボードの名機。ユーザーは世界各国で数多く見られ、それゆえに
ワイヤレスモデルを望む声も少なくありませんが、出る気配は今のところまったくなし。その状況に待って
いられなかったのか、自らの手でBluetoothキーボードに改造している人がちらほらといるようです。

Happy Hacking Keyboard | PFU
http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/





HHKB2_Bluetooth_02.jpg



HHKB2_Bluetooth_03.jpg



HHKB2_Bluetooth_04.jpg



HHKB2_Bluetooth_05.jpg
(via KBDMania)

今回見かけたのは必要なものをキーボード内に積んで完全にワイヤレス化している改造。使用パーツは
マイコンボード(Arduino)、USBシリアル変換ボード、レギュレータボード、ロジックレベル変換モジュール
USBバッテリーチャージャー、バッテリー(リチウムポリマー2000mAh)、Bluetoothモジュール、Bluetooth
ドングル、接続用コネクタ、など。背面にはBluetoothドングル用USB端子、電源スイッチ、充電用MiniUSB
端子、FTDIポート(配列変更用)が設置。裏面のラベルも自作しているという手の込み具合。

この改造でBluetoothキーボード化はちゃんと実現している。ただし欠点は複数あるようで、電池寿命は
せいぜい30時間程度、ワイヤレスらしい入力ミスが発生する、それに費用はHHKB Pro2がもう1台買える
くらいかかった模様。でも無線は便利でカッコよく満足しているとのこと。「EneBRICK HHKB Edition」(AA)
みたいなBluetooth変換器は出ていますが、ユーザーが求めているのはそういう外部的なものではなく
やはりキーボード自体がワイヤレス化したものでしょう。割高な設定でも買う人は多いのではないかと。




PFU Happy Hacking Keyboard Professional2墨 英語配列 静電容量無接点 USBキーボード Nキーロールオーバー UNIX配列 WINDOWS/MAC両対応 ブラック PD-KB400B
PFU(2006-03-23)
売り上げランキング: 6950