『dhb - Aeron サイクリングビブショーツ (2014)』を買ってみた

dhb_Aeron_BibShort_01.jpg


Wiggleで販売されているdhbのビブショーツ「dhb - Aeron サイクリングビブショーツ (2014)」。
上質のイタリア製ストレッチ生地、欧州各社のサイクリングショーツで使われているElastic Interfaceの
パッド採用、などを特徴としたモデル。最近ここの製品を色々と買っていますが、これもフォトレビューの
形でざっと触れてみます。

『dhb - Active サイクリングビブショーツ』を買ってみた
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4549.html





dhb_Aeron_BibShort_02.jpg



dhb_Aeron_BibShort_03.jpg



dhb_Aeron_BibShort_04.jpg



dhb_Aeron_BibShort_05.jpg



dhb_Aeron_BibShort_06.jpg



dhb_Aeron_BibShort_07.jpg



dhb_Aeron_BibShort_08.jpg



dhb_Aeron_BibShort_09.jpg



dhb_Aeron_BibShort_10.jpg



dhb_Aeron_BibShort_11.jpg



dhb_Aeron_BibShort_12.jpg


このシリーズは「Aeron」「Aeron Race」「Aeron Pro」の3クラスで展開しており、今回購入したAeronは
下位モデル。ただ、シリーズの中ではこれだけモデルチェンジされており、現在販売されているものは
2014年版と言える比較的新しい製品。素材はポリエステル80%/スパンデックス(ポリウレタン)20%。
カラーはブラック/レッド・ブラック/ブルー・ブラック/グレーの3色あり。縦ラインのカラー以外は共通の
デザインになっている模様。裾にはシリコングリッパー装備。自分の体格は身長:170cm強/体重:62kg
くらいで、Sサイズがジャストフィットな感じです。

以前買った同社のエントリークラス(dhb - Active)と比較する形で感想を述べると、生地・構造・縫製の
具合など結構違っていたりする。生地は触っただけだと違いは正直わかりませんが、実際に着てみると
ストレッチの効きが上質でAeronの方が楽と思えるフィット感(緩いというわけではない)。パッドもやはり
対応できる距離が違う感じ。劇的な差ではないけれども出来は全面的に上回っています。ただ、友人が
使っていた10,000円前後の日本メーカー製に比べると、やっぱり相応の違いがあるよなーと痛感したり。
価格(定価:現在4,434円)の割には良いと思えるビブショーツ、とだけ言っておきます。




高性能の ‘Veloce’ CyTech Elastic Interface サイクリングパッドが付属
中距離ライドに最適な上質のサイクリングビブショーツ