格安サイクリングシューズ『dhb - R1.0』を買ってみた

dhb_Road_Cycling_Shoes_01.jpg


Wiggleで販売されているdhbのサイクリングシューズ「dhb - R1.0」。
2012年に発売してからロングセラーとなっているロードバイク用シューズで、入門用に最適と言える格安な
価格設定が大きなポイント。最近ここの製品を色々と購入していますが、これもフォトレビューの形でざっと
触れてみます。

『dhb - Active 長袖ベースレイヤー』を買ってみた
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4653.html





dhb_Road_Cycling_Shoes_02.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_03.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_04.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_05.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_06.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_07.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_08.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_09.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_10.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_11.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_12.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_13.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_14.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_15.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_16.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_17.jpg



dhb_Road_Cycling_Shoes_18.jpg


3本のストラップで固定するタイプのサイクリングシューズ。SPD-SLなど3ホールで固定するクリートに対応。
ソールはガラスで補強されたナイロンポリマー採用。サイズは1刻みで37~48の12ラインナップ。カラーは
ブラック・ホワイトの2色あり。今回購入したのはブラック/サイズ41。自分の足の寸法を測ってみると大体で
足長:約25cm/足囲:約10.5cm。41のサイズは良く言えばジャストフィット、悪く言えばまったく余裕はない
ギリギリの履き心地、という感じ。

数回使用してみての感想・・・・まずシューズの作りは良くも悪くもエントリークラスと思える出来。デザインは
見た目どおり素っ気なくて、大手メーカー製に比べると野暮ったい。なんというかプライベートブランドの製品
らしさが感じられる。使用感はレースをするわけでもなく気のままサイクリングの用途であれば、特に悪いと
思う点もなく十分実用レベル。カーボンソール採用など上位のクラスと履き比べたら劣る点が色々あるかも
しれませんが、入門用としては本当にこれでも十分ではないかと。いい意味で及第点です。

安っぽさを感じる部分は正直ある、でも価格はロードバイク用のシューズだと世界的に見ても最安のクラス。
定価が4,877円でこの内容なら、コストパフォーマンスは非常に良いでしょう。5,000円以内で買える同類の
製品は他に見かけませんし、各通販サイトで売っている出所がよくわからない中華系よりも安い。今回は
こんな安いものがどれほどの出来なのか気になって買ってみたわけですが、よくこの価格で売れるよなぁと
ちょっと驚いたり。入門用としては最適と繰り返し言っておきます。




3ストラップクロージャーシステム、プレミアムグレードのナイロンポリマーソール
インナークアッドコアメッシュ、合成素材のアッパー採用のサイクリングシューズ