シマノのSPD-SLペダル『PD-5800』を買ってみた

PD-5800_01.jpg


2014年4月に発売されたシマノのペダル「PD-5800」。
ロードバイク用コンポーネント・105シリーズの現行モデルとなるSPD-SLペダルで、上位とそこまで差がない
軽量&カーボンボディ採用が特徴。ユーザーは既に多く存在すると思いますが、購入ついでにフォトレビュー
みたいな形でざっと触れてみます。

RIDE INSPIRED SHIMANO 105
http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index/newpro2014-15/roadcompo14-15/105-5800.html





PD-5800_02.jpg



PD-5800_03.jpg



PD-5800_04.jpg



PD-5800_05.jpg



PD-5800_06.jpg



PD-5800_07.jpg



PD-5800_08.jpg



PD-5800_09.jpg



PD-5800_10.jpg



PD-5800_11.jpg



PD-5800_12.jpg



PD-5800_13.jpg



PD-5800_14.jpg



PD-5800_15.jpg



PD-5800_16.jpg



PD-5800_17.jpg


カーボンコンポジットボディ&ステンレス製ボディプレート採用のSPD-SLペダル。後方にクリートの固定力を
調整するアジャストボルトと、その強弱を表示するインジケータを搭載。ペダルの実重量は片方で約138g。
黄色い純正クリートセット(SM-SH11)が付属。クランクへの取り付けはペダルレンチが使えない構造なので
8mmの六角レンチが必要になります。

最近はTIMEのクロスカントリー向けをしばらく使っていたので、旧モデルやら同タイプやらの比較について
述べる事はできませんが、ペダルの面積が広い&固定力を一番強くすれば左右に振れる遊びがほとんど
ない使用感はいいですね。踏む・回す力の伝達がロスなくスムーズにできているのを実感できる。それと
持った感じが本当に軽い。結構前のデュラエースのペダルは使った事あるので、随分と進化したな・・・・と。

この「PD-5800」の価格は現在9,000円台で販売中。SPD-SLタイプを使った事がない人はこれよりも安い
PD-R540」(AA)あたりを最初に選んだ方がいいかもしれませんし、自分も本気で走る事はもうないから
そっちでもいいかなと思っていましたが、他の装備が105クラスだとやっぱり同等のペダルで揃えなければ
後で後悔しそう・・・・というわけで購入。揃うものが揃った感じなので満足しています。




SHIMANO【シマノ】 PD-5800 Carbon SPD-SL ペダル
シマノ
売り上げランキング: 6542