【マウス】ROCCAT 『Kone XTD Optical』 画像など

Kone_XTD_Optical_01.jpg


海外で発売されているROCCATのマウス「Kone XTD Optical」。
Kone Pure Optical」と同様に既製品のゲーミングマウス(Kone XTD)のセンサーを光学式に変更した
モデル。ウエイト調整やチルトホイールなど機能面はそのままのようですが、ちょっと見てみます。

ROCCAT STUDIOS V3.0 - PRODUCTS » Gaming Mice » ROCCAT Kone XTD Optical
http://www.roccat.org/ja-JP/Products/Gaming-Mice/Kone-XTD-Series/Kone-XTD-Optical/





Kone_XTD_Optical_02.jpg



Kone_XTD_Optical_03.jpg



Kone_XTD_Optical_04.jpg



Kone_XTD_Optical_05.jpg



Kone_XTD_Optical_06.jpg



Kone_XTD_Optical_07.jpg



Kone_XTD_Optical_08.jpg



Kone_XTD_Optical_09.jpg



Kone_XTD_Optical_10.jpg
(via ComputerBase/XFastest/eteknix)

センサー:光学式、解像度:6400dpi、トラッキング速度:200ips、最大加速度:50G、フレームレート:12500fps
ポーリングレート:125/250/500/1000Hz、サイズ:幅78x奥行き135x高さ40mm、重量:約120g(ケーブル無)
という仕様。サイドボタン&チルトホイール含む合計12ボタン、32bit Turbo Core V2プロセッサ、576KBメモリ
内蔵、前後4ヶ所の色設定ができるLEDライン、ウエイト調整機能(5g×4個)、などが特徴。

主な内部パーツの情報も既に出ていましたが、センサーは「Razer Deathadder 2013」(AA)でも使われている
Avago ANDS-3988、左右クリックのマイクロスイッチはオムロンの2FC-F-7N(RT)、サイドボタンのスイッチは
Kailh製、といった内容。ROCCATの製品は日本でも大体発売されているので、これも後々に出そうな一品。
ただ、これまでの例を考えると発売時期は海外に比べて遅れるかもしれません。