左手用デバイス『Razer Orbweaver』のオリジナルスイッチ版が登場

Orbweaver_Original_01.jpg


Razerの左手用デバイス「Razer Orbweaver」。
現時点で唯一無二の存在となるメカニカルキースイッチ採用のゲーミング・キーパッド。従来のモデルは
Cherry MXの青軸・茶軸(海外直販限定)でしたが、同社のキーボード「Razer BlackWidow 2014」にも
採用されていたオリジナルスイッチ版が登場。海外では既に発売開始しています。

Razer Orbweaver Gaming Keypad - Elite Mechanical Gaming Keypad
http://www.razerzone.com/gaming-keyboards-keypads/razer-orbweaver





Orbweaver_Original_02.jpg



Orbweaver_Original_03.jpg



Orbweaver_Original_04.jpg



Orbweaver_Original_05.jpg
(via JD.com)

BlackWidowと同じく筐体はそのまま、変更点はキースイッチだけの言わばマイナーチェンジ版。重要でない
点まで触れれば、製品ロゴもそれに合わせて変わっている。Orbweaverも青軸がベースと思われる”緑軸”
茶軸がベースと思われる”橙軸”の2ラインナップ、価格は据え置き129.99ドル、海外直販では既に発売中。
従来の茶軸モデルは日本未発売でしたので、カチャカチャとうるさく鳴る青軸を理由に敬遠していた人には
橙軸モデルが望んでいた一品になるかもしれない。ただ、日本で新旧がいつ入れ替わるかは不明です。