【スピーカー】パナソニック 『SC-NA30』 レビューチェック

SC-NA30_01.jpg


2013年11月に発売されたパナソニックのBluetoothスピーカー「SC-NA30」。
バッテリー内蔵のポータブルスピーカーで、電源オンにすると上部のパネルが下がってボリュームノブが
出っ張るギミック、端末を充電できる機能、最大20時間再生できるLPモード、など機能面でも魅力的な
ハイエンドモデル。情報がまだ少ないので簡潔にチェックしてみます。

ワイヤレススピーカーシステム SC-NA30|Panasonic
http://panasonic.jp/compo/na30/



画像


SC-NA30_02.jpg



SC-NA30_03.jpg



SC-NA30_04.jpg



SC-NA30_05.jpg



SC-NA30_06.jpg



SC-NA30_07.jpg



SC-NA30_08.jpg



SC-NA30_09.jpg



SC-NA30_10.jpg
(via Youtube/Intogadgets.nl)



各所の反応


[#1]
パナソニック、重低音強化したBluetoothスピーカー
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20131018_619953.html



[#2]
>>#2
イコライザーがあるのがいいですよね



[#3]
パナソニックSC-NA30が気になる
サブウーハー付いてるのにパッシブラジエーターまで付いてる
SONYのとか結構意識した製品っぽい



[#4]
ここは天邪鬼で、SONY X-5のライバル機のパナソニック SC-NA30買うことにした
仕様上はX-5と同等
ソニーvs松下な古き良き時代を懐かしんで



[#5]
おっ、これは悪くないな。パッシブラジエ搭載で高音、低音の調整ができる機種って
はじめてみたわ。A33にしろ、X5にしろバスウーハー+パッシブラジエ積んでる奴って
低音キツすぎで不自然なんだわ。イコライザーで調整してもどうにもならん
糞デザインばっかのパナにしちゃ実用と美観をまとめたメカっぽいところもイイ



[#6]
これ気になってるけどレビュー全く無いよね
AC+AUX入力時にオートパワーオフが働かないってのもいいし
X5はこの点がちょっと話にならん



[#6]
SC-NA30到着
低音重視した仕上がりになってます。
サブウーファー搭載してるだけにパッシブラジエーター単体よりも重みのある低音

ロングホーン(共鳴管)は奥行きが必要だけど、パッシブラジエーターのおかげで
コンパクトにまとめられるのは持ち運びの上で良いね。筐体の不要な振動無いし。

X5と仕様が丸被りなので比較したいとこだが持って無いので、勘弁してね
今も使っているSC-HC55よりは低音出ている分物足りなさが無くていい。
AUX in使ったAirPlayと比べるとBTは高音が弱いね(当たり前か)

電源入れるとBass.Treble,Volumツマミがある上面が電動で下がるギミックはパナらしいw
電動断でツマミの出っ張りが消えるので持ち運び時の破損を防げる。

製品の仕上がりにチープさがなく、VOLツマミもオーディオ製品ぽさがあり
BTのLED含め発光体が見えないのが有難い



[#7]
補足
持ち運び用に巾着袋付属
あと少し横幅狭いと"ジップロック大"に入り最強お風呂スピーカーになったのになw
電動入断時の音がMacっぽい優しい音



[#9]
パナソニックSC-NA30で、アンと雪の女王サントラをBGMとして聴いてる内に
聴き惚れていた・・ボーカルが明瞭にバスからソプラノまでキレイに鳴ってる。
息継ぎの呼吸や感情の起伏までが感じ取れる。
松たか子や松田聖子の娘の声の解像度が凄い。
パナソニックやれば出来る子だったんだな



[#10]
投げ売りで買ったSC-NE1が存外良かったからなぁ
もしA33持ってなかったらNA30欲しかったんだけど



[#11]
BOSEって頑なにユーザーに音質調整させないポリシーなのね。
TV用のスピーカーとラジオ付スピーカーで低音を抑える設定があるだけ・・・
そう思うとパナのNA30はアナログチックなツマミ式音質調整が魅力。
肝心な音質は試聴してみないとな。近所で展示しているところあるかな。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bluetooth 3.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/SCMS-T対応、コーデック: aptX/AAC/SBC
アンプ最大出力:20W(ACアダプタ)/16W(バッテリー駆動)、連続再生時間:約16時間(ノーマル)
/約20時間(LPモード)、充電時間: 約3時間、サイズ: 幅244x奥行き48x高さ144mm、重量:約930g
という仕様。

5cm径のミッドレンジ、8cm径のマイカサブウーファ、8cm径のダブルパッシブラジエータを搭載した
2.1chシステム。歪みの少ない低音を強調できる独自技術・XBS Master、出力を抑えて再生時間を
延長するLPモード、端末充電機能、音声入力がない状態が約10分続くと自動的に電源オフとなる
オートオフ機能、有線使用可能、などが特徴。

各所の情報を参考にすると、以上のような感じの反応があり。スペックはソニーの「SRS-X5」(AA)と
同等、低音は出ているしボーカルは明瞭に鳴る、低音・高音の調整ができてギミックも備わっている
ボリュームノブはポイントが高い、といった内容。発売当時の価格は30,000円前後でしたが、現在は
17,000円台で販売中。同価格帯の中で総合的に見れば何気にトップクラスかもしれませんね。




Panasonicワイヤレススピーカーシステム ブラック SC-NA30-K
パナソニック(2013-11-22)
売り上げランキング: 3939