fi'zi:kのバーテープ『Performance Classic』を買ってみた

Fizik_Performance_Classic_01.jpg


2012年に発売されたfi'zi:kの自転車用バーテープ「Performance Classic」。
表面はマイクロテックス、裏面はフォームパッドの2層構造になっており、通気性・グリップ力・耐久性の高さ
レザーチックな質感が特徴のモデル。先日入手したロードバイクのバーテープがホワイト、それをブラックに
したかったので購入。ついでに軽く触れてみます。

BAR TAPE【PERFORMANCE】Classic | RIOGRANDE
http://www.riogrande.co.jp/catalog/node/28267





Fizik_Performance_Classic_02.jpg



Fizik_Performance_Classic_03.jpg



Fizik_Performance_Classic_04.jpg


このバーテープはブラック・オレンジ・アップルグリーン・レーシングイエロー・ブライトレッド・ピンク・ホワイト
メタルブルー、と合計8色から選べるのも特徴。前述のとおりマイクロテックス&フォームパッドの2層構造で
厚さは3mm。中央から少し寄ったところにパイピングが入っており、fi'zi:kのロゴが入っている部分を巻いて
いくと楽に装着できる作りにもなっています(逆側の方で巻いてる人もいるので、どっちがいいのかは不明)。






Fizik_Performance_Classic_05.jpg



Fizik_Performance_Classic_06.jpg



Fizik_Performance_Classic_07.jpg


・・・・結論から先に言うと、自分のロードバイクで使うには失敗だった('A`)。同シリーズにはこのクラシックと
ソフトタッチのタイプがあり、後になって考えれば求めていたのは後者だったのですが、なぜか前者の方を
買っていた。通販で買ったので交換はできず、まぁ物は試しと付けてみたけれどもコレジャナイ感がひどい。
品のあるレザーチックな質感が逆に仇となって、非常に浮いて見えます。車種を確実に選びますね、これ。

でもその名のとおりクラシックな自転車にはピッタリな印象ですし、カラーが豊富なので街乗り系自転車の
ドレスアップにも結構いいと思える一品。3mmの厚さは分厚いって感じでもなく程よいクッション性があって
握り心地はGood。手触りは好みが分かれるかもしれない、個人的には本気モードで走る場合だと素手で
使いたくない感触。そのあたりも考えると、やはりドレスアップ用としてが適しているかもしれませんね。