静電容量無接点方式キーボード『Novatouch TKL』がそろそろ発売か?

Novatouch_TKL_05.jpg


Cooler Masterのキーボード「Novatouch TKL」。
Quick Fireシリーズなどのメカニカルキーボードで世界的に名を馳せたCooler Master、これはその勢いに乗って
手を広げてきた静電容量無接点方式の第一号モデル。これまでイベントで出展があったり、テスト機が一部の
人に渡っていたりはしていましたが、正式なパッケージの公開があり、発売は秒読みに入っているようです。

正式発表されたCM Stormの静電容量無接点方式キーボード『Novatouch TKL』
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3881.html





Novatouch_TKL_06.jpg



Novatouch_TKL_07.jpg



Novatouch_TKL_08.jpg



Novatouch_TKL_09.jpg
(via facebook/coolaler.com)

現時点で公式サイトに製品情報は載っておらずの状況。しかし関係者に聞いたところ、7月発売予定で価格は
200ドル以内という情報があり。キーボードの特徴をおさらいしておくと、デザインはスタンダードなテンキーレス
押下圧は45g、静電容量無接点方式でもCherry MX用のキーキャップが使える特殊スイッチ、ケーブル着脱式
でUSB端子は背面右側にあり、など。日本で発売されるかは不明ですが、Realforce/HHKBの2トップ以外では
LEOPOLDの「FC660C」(AA)しかありませんでしたし、静電容量無接点方式を好む人には注目の一品ですね。

<関連記事>
【キーボード】Cooler Master 『Novatouch TKL』 画像など

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4485.html