自作の”ぐぬぬ”痛キーボードがすごくいい

Gununu_Keyboard_01.jpg
(via imgur)

海外で見かけた俗に言う痛キーボード。アニメ・マンガ好きならどこかで見た事があると思う”ぐぬぬ”のキャラが
キー一つ一つにプリントされていて、これがまたユニークでグッドアイデア。メカニカルキーボードみたいなキーの
高さがあるタイプは痛化に向いてないと思っていましたが、こういう感じはすごくアリです。

コンパクト・メカニカルキーボードの”痛化”を実践した例
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-4085.html





Gununu_Keyboard_02.jpg



Gununu_Keyboard_03.jpg



Gununu_Keyboard_04.jpg



Gununu_Keyboard_05.jpg


ご覧のとおりA~Zの計26キーに様々なキャラがプリントされている。単に好きなキャラを並べているわけではなく
各キーとキャラのイニシャルが合うようにチョイス、さらには前面に作品のタイトルもプリントされた手の込みよう。
よく知られている痛キーボードはピンナップ絵を全面にプリントする形なので、凹凸がほぼない薄型のタイプしか
向いていませんでしたが、1キーに1キャラをプリントする形ならタイプ不問でカスタマイズ性もある。それに今でも
色々なキャラが二次創作されていて、顔のベースが一緒だから統一感もある”ぐぬぬ”絵は、ある意味最適かも。
これは真似したくなりますね。




「苺ましまろ」TV DVD_SET
ジェネオン・ユニバーサル(2012-12-20)
売り上げランキング: 18123