中国産の静電容量無接点方式キーボード『noppoo 108EC-Pro』

noppoo_108EC-Pro_01.jpg
(via 敗家空間)

海外で見かけたnoppooのキーボード「noppoo 108EC-Pro」。
静電容量無接点方式のキースイッチを採用したキーボードといえば、Realforce/HHKBの日本メーカー製が定番。
他社から出ているモデルも東プレが関わっていましたが、これは別物の中国産キースイッチ採用となっています。

Noppoo
http://www.thenoppoo.com/china/





noppoo_108EC-Pro_02.jpg
(via pcwaishe)


noppoo_108EC-Pro_03.jpg



noppoo_108EC-Pro_04.jpg



noppoo_108EC-Pro_05.jpg



noppoo_108EC-Pro_06.jpg



noppoo_108EC-Pro_07.jpg



noppoo_108EC-Pro_08.jpg



noppoo_108EC-Pro_09.jpg



noppoo_108EC-Pro_10.jpg


現時点で公式サイトに製品情報は掲載されておらず。判明している仕様は、キースイッチ:静電容量無接点方式
キーレイアウト:104キー英語配列+4メディアキー、キーストローク:4mm、押下特性:35g±5g、キーキャップ:PBT
サイズ:幅445x奥行き135x高さx41mm、重量:1kg、など。カラーリング的にもベーシックなタイプで、ケーブルは
着脱式。Nキーロールオーバー対応、Windows 8対応。キースイッチはCM Stormの「Novatouch TKL」と同じく
Cherry MX用キーキャップが装着可能な互換性あり?Realforce/HHKBに引けを取らない出来になっているのか
まだよくわかりませんが、目新しいだけにキーボードファンの間で注目されそうなモデルでしょうか。