OAチェア『Ergohuman Basic / Ergohuman PRO』の違い

Ergohuman_Basic_01.jpg


エルゴヒューマンから発売されているOAチェア「Ergohuman」シリーズ。
その名のとおりベーシックな仕様の”Basic”と、座面チルト機能付き&フルアルミ仕様の上位モデル”PRO”の
2ラインナップで展開中。自分は後者の方を現在使用していますが、両機を実際に見比べてみると想像以上に
違いがあり。今回は”Basic”の方を見る形で、どの部分が”PRO”と違っているのか触れてみます。

エルゴヒューマン 『Ergohuman PRO』 レビュー ~高性能・多機能のOAチェア~
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3674.html





Ergohuman_Basic_02.jpg

①ヘッドレスト・背もたれ・座面の作りは一緒
まずは違う部分ではなく共通の部分を見る事に。ヘッドレスト・背もたれ・座面はフルメッシュの仕様ですが
この部分はまったく一緒の作り。座ってみても上位の”PRO”と何ら変わりありません。






Ergohuman_Basic_03.jpg

②ヘッドレスト裏のフレームは全て樹脂製
ヘッドレストを支えるフレーム部がほぼアルミだった”PRO”に比べて、”Basic”は逆に全て樹脂製。
背もたれの上半分からヘッドレストの部分は真っ黒で、”PRO”のような高級感はちょっとありません。






Ergohuman_Basic_04.jpg

③アームレストの形とまわりの材質が違う
”Basic”と”PRO”とではアームレストの形そのものが違っていました。”PRO”の表面はフラットなものですが
”Basic”は両端に段差があるタイプ。それと肘置きの下が樹脂製、調整スイッチは黒に塗装されています。






Ergohuman_Basic_05.jpg

④フレームの形状が全体的に別物になっている
アルミダイキャスト製のフレームがよく見ると別物と言える形状。下にいくに連れて内に寄っていくような形状の
”PRO”に比べて、”Basic”はやや直線気味(正面から見て)の形状。






Ergohuman_Basic_06.jpg

⑤座面を支えるフレーム部が樹脂製になっている
座面を支えるフレーム部。”PRO”はここもアルミが使われているのですが、”Basic”は樹脂製でした。






Ergohuman_Basic_07.jpg

⑥座面のチルト調整機能は未搭載
”Basic”と”PRO”の主な違いの一つになっているのが座面のチルト調整機能。ここも作りが全然違いますね。






Ergohuman_Basic_08.jpg

⑦アームレストを支えるフレーム部は肉抜きがされていない
アームレストを支えるフレーム部は”PRO”に比べると少し細くなっているせいか、肉抜き=穴がありません。






Ergohuman_Basic_09.jpg

⑧キャスタースポークの形状・材質も別物
”PRO”のキャスタースポークはフルアルミ仕様で少し丸みを帯びた形状になっていましたが、”Basic”の方は
下半分が樹脂製で直線気味の形状に。この部分は確実に”PRO”の方がいいですね。






Ergohuman_Basic_10.jpg

⑨総評:妥協せずに”PRO”を選んだ方が賢明だと思う
”Basic”が”PRO”に比べて違う部分が色々あると事前に知ってはいましたが、実際見てみるとその違いが
想像以上に多く、そして大きかったのが本音でしょうか。チルト調整機能が必要でないなら”Basic”でも別に
いいかもしれないなぁ・・・・という考えは見事に吹っ飛んだ。両機の価格差は現在10,000円程度、でも内容は
正直言って価格以上の差がありそう。”Basic”が”PRO”を引き立たせるための当て馬的存在に思えるくらい。
このシリーズの購入を検討している人は、妥協せずに”PRO”を選んだ方が賢明と助言しておきます。




オフィスチェア Ergohuman エルゴヒューマンプロ ハイタイプ EHP-HAM  BK(KM-11)
Ergohuman (エルゴヒューマン)
売り上げランキング: 40038