Razer 『Razer Tartarus』 レビュー ~Razer Nsotromoとの筐体比較~

Razer_Tartarus_Review_33.jpg


8月に発売されたRazerの左手用デバイス「Razer Tartarus」。
Razer Nostromo」「Razer Orbweaver」に続く左手用デバイス第三弾となる最新モデル。前回はフォトレビューを
中心にした内容でお送りしましたが、今回は旧モデルの存在になるNostromoとの筐体比較をやってみます。

Razer 『Razer Tartarus』 レビュー ~外観~
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3762.html





Razer_Tartarus_Review_34.jpg



Razer_Tartarus_Review_35.jpg



Razer_Tartarus_Review_36.jpg



Razer_Tartarus_Review_37.jpg



Razer_Tartarus_Review_38.jpg


Tartarusのサイズは幅153x奥行き186x高さ54.8mm、Nostromoのサイズは幅159x奥行き183x高さ59mm。
筐体やリストパッドの形状にやや違いはありますが、手を置いたフィーリングはほぼ一緒と言える感じです。






Razer_Tartarus_Review_39.jpg



Razer_Tartarus_Review_40.jpg


Nostromoは光沢のあるグロッシーブラック、Tartarusは墨or炭のようなマットブラックの筐体。この2機に限らず
Razerの製品は筐体とLEDカラーの違いで新旧がはっきり分かれていますね。






Razer_Tartarus_Review_41.jpg



Razer_Tartarus_Review_42.jpg


キー構造は2機ともメンブレン方式。キーキャップもまったく同じと言える形状をしていますが、キータッチを
比べてみるとTartarusの方が気持ち程度軽い印象。あと、打鍵音もTartarusの方が少し静か。Nostromoは
2年以上使っているもの=経年劣化の影響があるかもしれないので、その点を踏まえて参考程度に。






Razer_Tartarus_Review_43.jpg



Razer_Tartarus_Review_44.jpg


Nostromo最大の強みでもあり、Tartarusに受け継いでほしかったホイール。どれだけ他のモデルが優秀でも
Nostromoを継続して使っている人は、ここが決め手になっていると思う。ホイールクリック・上下スクロールの
実質3キーに対して、Tartarusは1キーに変更=2キー減少しているわけですから、明らかに劣性です。






Razer_Tartarus_Review_45.jpg



Razer_Tartarus_Review_46.jpg


右側面のサムモジュール部。ここは全てメカニカル仕様になったTartarusの方が全面的に良いと言える。
サムパッド=十字キーはスティックが着脱できるNostromoの方がいいという人がいるかもしれませんが
操作性はTartarusに軍配が上がる。仮にゲームをプレイする際、ここにWASDを割り当てるスタイルなら
Tartarusの方が精密な動きができていいと思います。あと、耐久性も高い印象。その上にあるサムキーも
メカニカルのしっかりした押し心地が非常に良い(Nostromoは軽すぎて誤爆しやすかった)。






Razer_Tartarus_Review_47.jpg



Razer_Tartarus_Review_48.jpg


サムモジュール下のシフトレバー(Nostromoは15キー)も、軽く押せるTartarusの方が良い。逆にその軽さが
押しミスの原因になるという事があるかもしれませんが、Nostromoの15キーは正面から押さないと端の方が
ガタっと引っかかっていたので、個人的にはレバー式になった事で改善されたと感じる部分です。






Razer_Tartarus_Review_49.jpg



Razer_Tartarus_Review_50.jpg


キーマップのインジケータ。Nostromoは15キーの手前にあり、LEDは視認性の良い大きさになっている。
Tartarusはサムモジュール部の先端にあり、LEDは細め。ここはNostromoの方がはっきり言って見やすい。
でもTartarusのインジケータが見えづらいわけではなく、目立たなくなったのは逆にいいかもしれない。






Razer_Tartarus_Review_51.jpg



Razer_Tartarus_Review_52.jpg


リストパッドは表面のコーティングが同じ質感なのと、似たような形状をしているので乗り換える形でも
違和感がない。手を置いて比べてみると、Tartarusの方が少しだけ低い感じ(寸法的に実際低い)。






Razer_Tartarus_Review_53.jpg



Razer_Tartarus_Review_54.jpg


リストパッド先端の内部。Nostromoは隙間というか空間がある構造でしたが、Tartarusは埋まっている。
自分はここに指を引っかけて持ち上げる事が多かったので、それができなくなったのはちょっと不便。






Razer_Tartarus_Review_55.jpg



Razer_Tartarus_Review_56.jpg


ケーブルは2機ともメッシュ仕上げで太さも一緒ですが、巻き具合が少し違う&Tartarusの方が黒い。






Razer_Tartarus_Review_57.jpg



Razer_Tartarus_Review_58.jpg


裏面のラバーシートはまったく違うものですが、グリップの効きは大差ありません。






Razer_Tartarus_Review_59.jpg



Razer_Tartarus_Review_60.jpg


実重量(ケーブル含まず)はNostromoが約255g、Tartarusが約246gという結果。比較は以上で終了。






Razer_Tartarus_Review_61.jpg



Razer_Tartarus_Review_62.jpg


細かい部分まで比較してみましたが、単刀直入に言うとホイールの有無を除けばTartarusは完全上位の
出来になっている。しかしホイールの有無が、出来とか関係なくなってしまうくらい大きい・・・・。そんなに
ホイールが重要なのか?と問われれば、マウスのホイールが1ボタンになったら不便でしょうと説明したい。
ホイールさえ受け継いでいればNostromoの完璧な後継機だっただけに、残念を通り越して悔しさを感じる。
今回はこのくらいにして、次回はTartarus自体の使用感を中心に触れてみようと思います。

<続き>
Razer 『Razer Tartarus』 レビュー ~使用感~

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3934.html