『LX デュアルデスクマウントアーム』×2でトリプルディスプレイ+ノートPC台の構成

LX-DualArm-2_01-.jpg
(via chiphell)

2010年に発売されたErgotronのモニターアーム「LX デュアルデスクマウントアーム」。
完全一強状態と言える人気モデル「LX デスクマウントアーム」のデュアル版で、左右対称のサイドバイサイドと
縦2列に設置可能なスタッキングの2タイプあり。Ergotronにトリプル用は存在しないのでトリプルディスプレイを
構成する場合は+αで組み合わせないといけませんが、スタッキング×2台でやっている人がいました。

【アーム】Ergotron 『LX デュアルデスクマウントアーム』 レビューチェック
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2596.html





LX-DualArm-2_02.jpg



LX-DualArm-2_03.jpg



LX-DualArm-2_04.jpg



LX-DualArm-2_05.jpg



LX-DualArm-2_06.jpg


トリプルディスプレイ構成ならデュアル+シングルの組み合わせで十分なのでは?と思うのが普通でしょうけど
このスタッキングはLXのシングルモデルよりも支柱が高く、設置する位置次第では揃えられない場合がある。
ならば「LX デスクマウントアーム 長身ポール」(AA)を導入すればいのでは?と問われれば確かにそのとおり。
でも長身ポール仕様は意外に割高なのと、スタッキングはノートPCトレイが付属している事や後々にモニターが
追加できる事を考えると、スタッキング×2で組んだ方が賢明・・・・なのかな?仮にモニター4台を想定した場合
上下2列みたいな設置もできますし、セッティングを試行錯誤しそうな人はこれが一番いいでしょうね。