ホワイト×ピンクのメカニカルキーボードが一部の間で流行っている

White-Pink_Keyboard_01.jpg
(via IGN)

メカニカルキーボードをあれこれ見ていて最近やけに目立っていると思うのが、ホワイト×ピンクのカラーリング。
そのままを製品で出しているのはDucky Channel「DK9008 Shine2」の限定モデルくらい、あとはキーキャップで
カスタムする方法があり。奇抜さがそう見せているのかもしれませんが、一部の間で流行っている印象です。

Ducky Channel→Products→Keyboards→Shine2_special keycaps
http://www.duckychannel.com.tw/en/Shine2_special.html





White-Pink_Keyboard_02.jpg
(via geekhack)


White-Pink_Keyboard_03.jpg



White-Pink_Keyboard_04.jpg
(via facebook)


White-Pink_Keyboard_05.jpg



White-Pink_Keyboard_06.jpg



White-Pink_Keyboard_07.jpg


一言で言うなら可愛らしいカラーリングで女性向き。でも手にしているのは、これまで質実剛健なモデルを
使っていた人が多い?大抵のメカニカルキーボードはブラックやホワイトがベースで、カスタムするとしても
グレー・ブルー・イエロー・レッドあたりが主流でしたから、ピンクの斬新さがマニアの琴線に触れたのかも。

ちなみにピンク系のメカニカルキーボードは、ZOWIE GEARの「CELERITAS PINK JP」(AA)がありましたが
同じ色を使うとしてもベースが逆だと、見た目の印象が全然違ってくるなぁ・・・・と思ったり。しかし日本では
こういう事をやりたいと思っても、キーボードのカラーラインナップと交換用キーキャップが乏しい感じですから
カラーの流行り以前にカスタムをする事自体のハードルが高くて、そこはちょっと残念ですね。