モニターアーム+ラップトップテーブル導入で”立ちデスクワーク”を実現

Arm-Table_01.jpg
(via imgur)

ここ最近たまに見かけるのが、座るよりも立ったままのデスクワークの方が作業効率は上がり健康にも良い
という記事。確かに長時間の座りっぱなしは、ハイエンドなOAチェアを使っていてもよろしくない。しかしその
スタイルを実現するために、デスクを新調したり改造するのはハードルが高い。手軽にできる方法はないかと
調べていたら、モニターアームとラップトップテーブルでやっている人がいました。

「立ったままデスクワーク」を2年間続けるとどうなるのか、実際に試した猛者が現れる | BUZZAP!
http://buzzap.jp/news/20130828-stand-for-2years/





Arm-Table_02.jpg



Arm-Table_03.jpg


この構成で立ちデスクワークを実現するために、モニターアームはロングポール&昇降機能付きのモデルが
条件になる。ラップトップテーブルはその名のとおりノートPC用のテーブルで、高さ調整付きのものがベスト。
見た感じフルサイズのキーボードだと狭苦しい印象なので、横幅のある机上台を使う手もアリだと思いますが
これなら気が向いた時にすぐできますし、すぐ戻す事もできる。一番手っ取り早いと言える方法かもしれません。
で、立ちデスクワークが本当に良いスタイルなのかは、根気よく試してみないとわからないでしょうね。