デジタル迷彩柄に改造された定番マウス(IntelliMouse Explorer 3.0)

IE3_MARPAT_01.jpg
(via pcwaishe)

マイクロソフトのマウス「IntelliMouse Explorer 3.0(IE3.0)」。
2011年に廃盤となりながらも、いまだにコアなファンが絶える事のないジャンル問わずの定番マウス。
なかには使い古したものをリペア兼ねて改造する人も割といますが、今回見かけたのはモコモコした
材質のデジタル迷彩柄ボディです。

鏡面加工されたマイクロソフトの定番マウス(IntelliMouse Explorer 3.0)
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3065.html





IE3_MARPAT_02.jpg



IE3_MARPAT_03.jpg



IE3_MARPAT_04.jpg


ボディをペイントなどで改造しているマウスは結構見かけますが、このような布生地?を貼り付けたタイプは
珍しくて妙に新鮮。迷彩デザインのマウスも、そういえばありそうでない一品(過去をさかのぼれば一応ある)。
戦争系のPCゲームが星の数ほどあるのにそれが全然出てこないのは、需要が大してないって事でしょうかね。
それにしてもIE3.0は廃盤から2年近く経っているのに、並行輸入品は相変わらず潤沢に販売中。一体どこから
沸いて出てきているのか・・・・と、なんとなく察しはつきながらも疑問に思ったりします。