FILCO 『Majestouch MINILA Air』 レビュー ~外観~

Majestouch_MINILA_Air_11.jpg


9/20発売予定となっているFILCOのキーボード「Majestouch MINILA Air」。
最小クラスと言えるコンパクトサイズのメカニカルキーボード「Majestouch MINILA」のBluetooth専用モデル。
ダイヤテック株式会社さんからレビューする機会をいただいたので、この記事では外観から触れていきます。

ダイヤテック・製品情報 - Majestouch MINILA Air
http://www.diatec.co.jp/products/list_mkr.php?mkr_c=50





Majestouch_MINILA_Air_12.jpg



Majestouch_MINILA_Air_13.jpg



Majestouch_MINILA_Air_14.jpg


まずは中身を確認。キーボード・プラカバー・アルカリ単三電池2本・キー引き抜き工具・交換用キーキャップ
取扱説明書、といった内容物。保証期間は1年となっています。






Majestouch_MINILA_Air_15.jpg



Majestouch_MINILA_Air_16.jpg



Majestouch_MINILA_Air_17.jpg



Majestouch_MINILA_Air_18.jpg



Majestouch_MINILA_Air_19.jpg



Majestouch_MINILA_Air_20.jpg



Majestouch_MINILA_Air_21.jpg



Majestouch_MINILA_Air_22.jpg


この「Majestouch MINILA Air」はキーレイアウトが英語配列(67キー)・日本語配列(68キー)の2タイプあり
キースイッチは茶軸・黒軸・青軸・赤軸のラインナップ。今回手にしているのは型番が”FFBT68MRL/NB”の
日本語・赤軸モデル。キーピッチ:19mm、キーストローク:4±0.5mm、サイズ:幅297x奥行124x高さ40mm
重量:680g(電池別)、バッテリー:単三電池2本、電池寿命:約6ヶ月、Bluetooth 3.0(Class 2)、という仕様。
マルチペアリング対応で、最大3台のBluetooth機器を登録する事が可能です。






Majestouch_MINILA_Air_23.jpg



Majestouch_MINILA_Air_24.jpg


キーレイアウトはコンパクトゆえに特殊配列。カソールキーは備わっている反面、右Ctrlが省かれていたり
右Shiftのキーが小さい。F1~F12やPrintScreen~PageDownなどのキーはFnキー経由になっています。






Majestouch_MINILA_Air_25.jpg



Majestouch_MINILA_Air_26.jpg


MINILAの大きな特徴である”親指ダブルFnキー”は、もちろんこれにも搭載。Fnキー経由で使うキーの
前面印字は有線モデルとまったく一緒ですが、BluetoothモデルにはiOS用の前面印字が新たに追加。






Majestouch_MINILA_Air_27.jpg



Majestouch_MINILA_Air_28.jpg


キースイッチはCherry MX・赤軸。試しにキーキャップを全部外して確認すると、ご覧のとおり真っ赤。






Majestouch_MINILA_Air_29.jpg


フレーム前面の右端には”FILCO”のダークメタリックエンブレム入り。






Majestouch_MINILA_Air_30.jpg


右上にあるグラファイトカラーのLEDレンズは有線モデルと違い、ペアリングとバッテリーのインジケータに。






Majestouch_MINILA_Air_31.jpg


有線モデルの背面にはUSB端子&USBハブが備わっていましたが、Bluetoothモデルは何もない作り。






Majestouch_MINILA_Air_32.jpg



Majestouch_MINILA_Air_33.jpg


裏面にはキーコードを変更・無効にするDIPスイッチを装備。上の画像のとおり内容が記載された
シールも貼られてあります。






Majestouch_MINILA_Air_34.jpg



Majestouch_MINILA_Air_35.jpg


DIPスイッチの右隣に電源スイッチとコネクトボタンがあり。コネクトボタンに関してはCtrl+Alt+Fnキーの
同時押しが同じ機能になっているので、使う機会はあまりないでしょう。






Majestouch_MINILA_Air_36.jpg


電池ケースは単三電池を一列に入れる構造。ちなみに電池寿命の約6ヶ月は、1日5時間使用の目安。






Majestouch_MINILA_Air_37.jpg


裏面の前後・両サイドとスタンド部に滑り止めのゴムを装備、固定力は非常に良い。






Majestouch_MINILA_Air_38.jpg


付属の交換用キーキャップは①Esc→E/J、②右Shift→Dlete、③Ctrl→CapsLock、④CapsLock→Ctrl
に切り替えた場合の4個。キー引き抜き工具は「FILCO Key Puller」という名で単体販売されているもの。






Majestouch_MINILA_Air_39.jpg


実重量を量ってみると、電池別の状態で約678g、電池込の状態で約724g、と大体仕様どおりの結果。






Majestouch_MINILA_Air_40.jpg



Majestouch_MINILA_Air_41.jpg



Majestouch_MINILA_Air_42.jpg


まだ届いたばかりの状況なので今回はここまで。続きはある程度使ってみてから、また次にレポートします。
この時点で言える事があるとすれば、キーボード自体は一部分を除いて有線モデルとまったく一緒の作り。
基本的な使用感もほとんど変わらないでしょう。でもBluetooth=ワイヤレス仕様になったのが非常に大きい。

Bluetooth接続&マルチペアリング対応なので、PCだけでなくスマートフォンやタブレットといった機器でも
併用でき、確実に使い道の幅が広がる。そしてこのサイズのBluetoothメカニカルキーボードは世界初登場。
何かすごいレア感がありますね。

<続き>
FILCO 『Majestouch MINILA Air』 レビュー ~使用感~

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3510.html




FILCO Majestouch MINILA Air Cherry MXスイッチ赤軸 日本語配列カナなし Bluetooth3.0ワイヤレス接続 ダブル親指Fnキー配列コンパクトメカニカルキーボード 6キーロールオーバー ブラック FFBT68MRL/NB
FILCO(2013-09-20)
売り上げランキング: