【マウス】Mad Catz 『R.A.T.9 (2013年モデル)』 画像など

RAT9_NewModel_01.jpg
(via JD.com)

8/9発売予定となっているMad Catzのゲーミングマウス「R.A.T.9」。
メカメカしいマウスの代表格となっているR.A.T.シリーズ、これはその最上位となるワイヤレスモデル。
初期モデル(Cyborg R.A.T 9)は2012年に出ていますが、カラーバリエーション追加の形で新たに登場。
ちょっと見てみます。

【マウス】Mad Catz 『Cyborg R.A.T 9』 レビューチェック
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1985.html





RAT9_NewModel_02.jpg
(via zol.com)


RAT9_NewModel_03.jpg



RAT9_NewModel_04.jpg



RAT9_NewModel_05.jpg



RAT9_NewModel_06.jpg



RAT9_NewModel_07.jpg



RAT9_NewModel_08.jpg



RAT9_NewModel_09.jpg
(via smzdm)


RAT9_NewModel_10.jpg


無線方式:2.4GHz帯、センサー:レーザー、解像度:25-6400dpi、ポーリングレート:1000Hz、加速度:最大50G
連続使用時間:約9時間(ゲーム)/約4日間(通常)、サイズ:幅88.9x奥行き118.3x高さ37.5mm、重量:約166g
という仕様。スナイパーボタンや親指ホイールを含めた8ボタン式のマウス。サイドパネル・リストレストの交換や
位置調整が可能。ウェイト調整(6g×7)の機能も装備。バッテリーは専用品で2個付属、レシーバーで充電する
仕組み。カラーはマットブラック・ブラック・ホワイト・レッドの4色展開。初期モデルとの違いは左サイドのロゴが
Mad Catzのコーポレートロゴに変更。あと何気に名義も変わっています(Cyborg R.A.T 9→R.A.T.9)。

このシリーズのすごいところは、ゲーミングマウスという限られたジャンルにも関わらずカラーバリエーションが
随分と豊富。独自のギミックだけでなく、カラーの多さも他社が真似できそうにない強み。ただ、登場してから
かれこれ3年近く(海外での発売は2010年)経つので、そろそろ新型・後継モデルを見てみたいとも思ったり。
さておき、この「R.A.T.9」は14,800円の価格で販売開始となっています。