Mad Catz 『S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard』 レビュー ~総評~

STRIKE7_Review_107.jpg


2012年11月に発売されたMad Catzのキーボード「S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard」。
分離式のキーボード&キーパッド、タッチスクリーン式の液晶ディスプレイ、左サイド用のマクロキーモジュール
3種のパームレスト、マルチカラーのキーバックライト搭載、など多機能でギミック満載なゲーミングキーボード。
各部を色々と触れてきましたが、今回を最後にソフトウェアの内容を含めて総評でも。

Mad Catz 『S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard』 レビュー ~キーボード~
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-3187.html





STRIKE7_Review_108.jpg


各設定を行うソフトウェア”Smart Technology”は日本語対応になっており、起動の際には画像のとおり
マクロ登録に関しての説明が表示されます。






STRIKE7_Review_109.jpg


起動後がまず[製品]のカテゴリが表示。ここでやる事は特にありません。






STRIKE7_Review_110.jpg


[プログラミング]のカテゴリは、マクロキーモジュール・ディスプレイ・パームレスト・テンキーパッドに
備わっているマクロキーの割り当てを行う場所。画像はマクロキーモジュールのところ。






STRIKE7_Review_111.jpg



STRIKE7_Review_119.jpg



STRIKE7_Review_120.jpg


マクロの登録は起動時に表示される説明どおりにやれば、大体把握できそうな内容。説明しづらい部分も
あるので、一通りの事はできますとだけ言っておきます。






STRIKE7_Review_113.jpg


下の欄にある”アイコンの編集”を押すと、液晶ディスプレイで表示されるマクロキーのアイコンが編集画面に。
用意されているアイコンの数は合計70個、それに7色の枠を加える事が可能。また、好きな画像も登録できます。






STRIKE7_Review_114.jpg


[ランチャー]のカテゴリ。ここは液晶ディスプレイのランチャーを登録するところ。PCにインストールしてある
各プログラムのアイコンが右側に表示され、そこから選択する内容になっています。






STRIKE7_Review_115.jpg


[サポート]のカテゴリは各項目をクリックすると、起動時の説明画面が表示されたり、公式サイトにある
ドライバやプロファイルやマニュアルがあるページに飛ばされたり。普段利用する事はなさそうです。
ソフトウェアをざっと使ってみての感想は、比較的シンプルでわかりやすい。でもマクロ登録の画面は
表示内容がシンプルすぎて、逆に見づらいというかやりづらさがある。慣れ次第でしょうかね。






STRIKE7_Review_116.jpg



STRIKE7_Review_117.jpg



STRIKE7_Review_118.jpg


最後に総評という形で感想を述べると、ゲーミングキーボードとしての基本的な使用感は本当に良いものでした。
キーボードとパームレストだけで販売しても十分通用するんじゃないかと思う出来。左手を置いたポジションが
自分には理想的と言えるものでした。カッコイイだけじゃなく使いやすい。そして多種多彩なギミックはいかにも
Mad Catzらしくて、キーボードというよりマシン。こんな前代未聞の馬鹿げたもの(褒め言葉)を出すところなんて
他にないでしょう。

欠点というか物足りない部分を一つ挙げるとすれば、液晶ディスプレイ。以前に書いたとおりタッチパネル式でも
表示・操作できるものは限られていて、宝の持ち腐れ感が否めない。あくまで補助的なものとして作られたのかも
しれませんが、同時期に登場した「Razer DeathStalker Ultimate」(AA)の液晶に比べると、どうしても時代遅れに
思えてしまう。正直もったいない。

この「S.T.R.I.K.E. 7」の価格は現在29,800円。高すぎると思うか、妥当と思うかは人それぞれ。一般的な感覚なら
とても手が出ない高額品でしょうけど、いざ実機を見ると手を出したくなる衝動が起こるかも。自分も店頭で初めて
見た時は、新たな発見をしたような強烈なインパクトでした。実際に使ってみて不満は上記のとおりあるけれども
価格に見合った出来になっていると評したい。余談になりますがこのキーボード、メカメカしい外観ゆえに存在感が
ありすぎて、組み合わせるマウスはCyborg R.A.T./M.M.O.シリーズでないとサマにならないかもしれませんね。




S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard (MC-STRIKE7)
マッドキャッツ株式会社
売り上げランキング: 49338