iPad mini用のキーボードに『Rapoo E6300』がGoodな組み合わせ

E6300-iPadmini_01.jpg
(via DGtle)

2012年2月にユニークから発売されたRapooのBluetoothキーボード「E6300」。
世界最薄(最薄部:5.6mm)と超軽量(重量:155g)謳う、iPad/iPhone向けの小型&薄型キーボード。
発売当初はちょっと小さすぎるかなという印象でしたが、後から出てきたiPad miniとの組み合わせが
サイズ的にも実用的にもなかなかいい感じのようです。

無駄を削ぎ落とした小型Bluetoothキーボード『Rapoo E6300』
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1717.html





E6300-iPadmini_02.jpg



E6300-iPadmini_03.jpg



E6300-iPadmini_04.jpg



E6300-iPadmini_05.jpg



E6300-iPadmini_06.jpg



E6300-iPadmini_07.jpg
(via flickr)

iOS用ホットキーを搭載した80キー英語配列のキーボード。キー構造:パンタグラフ、キーストローク:2mm
バッテリー:内蔵、電池寿命:約1ヶ月、サイズ:幅206.3x奥行き82.1x高さ14mm、重量:155g、という仕様。
iPad miniで使っている人(Diwao2.0/水の反映)を見かけましたが、小型サイズは持ち運びに優位な反面
慣れるまでどうしてもタイプミスが目立つとのこと。

iPad mini用のキーボードはロジクールの「Ultrathin Keyboard mini」(AA)を見ても、窮屈になってしまうのは
必然と言えるところ。そのあたりが許容範囲であれば、ほぼぴったりのサイズやスリムデザインからしても
これは非常に良い組み合わせではないかと。現在4,000円台の価格で販売されています。




ユニーク Bluetoothキーボード rapoo E6300 ホワイト 5.6mmウルトラスリム E6300W
ユニーク(2012-02-10)
売り上げランキング: 14988