ロジクールのメカニカルキーボード『G710+』を色々とカスタム

G710+_Custom_01.jpg
(via facebook)

2月に発売されたロジクールのキーボード「G710+ Mechanical Gaming Keyboard」。
キースイッチに茶軸を採用し、キーキャップ裏には静音効果が期待できる”O-Ring”を装備した
イルミネート・メカニカルキーボード。色々とカスタムした海外モデル(英語配列)を目にしたので
ちょっと見てみます。

【キーボード】Logitech 『G710+』 画像など
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2544.html





G710+_Custom_02.jpg



G710+_Custom_03.jpg



G710+_Custom_04.jpg



G710+_Custom_05.jpg



G710+_Custom_06.jpg



G710+_Custom_07.jpg



G710+_Custom_08.jpg



G710+_Custom_09.jpg



G710+_Custom_10.jpg


カスタムした部分は、①キー下のプレートをブラックからホワイトに塗装(バックライトの光り具合が違ってくる)
②茶軸のキースイッチに青軸・黒軸・赤軸・白軸を混ぜる、③LEDはパープル&ホワイトがメイン+グリーンと
レッドも混ぜる、といった内容。それにしてもLEDのカラーを変えると印象が違って見えますし、ピンポイントの
グリーンやレッドが結構目立ちますね。キースイッチのバラエティぶりは”面白そうだからやってみた”という
感がありますけど、一部のキーだけ変えるのは意外と実用的な事なのかもしれません。




ロジクール メカニカルゲーミングキーボードLogicool G710+Mechanical Gaming Keyboard G710P
ロジクール
売り上げランキング: