FILCO 『Majestouch MINILA (FFKB68MRL/NB)』 レビュー ~外観~

Majestouch_MINILA_04.jpg


2/27に発売予定となっているFILCOのキーボード「Majestouch MINILA」。
横幅300mmを切る最小クラス、そして世界初を謳う”親指ダブルFnキー”が特徴のメカニカルキーボード。
FILCOブランドを取り扱うダイヤテックさんから日本語配列・赤軸モデル(FFKB68MRL/NB)をレビューする
機会をいただいたので、ここではフォトレビューのような形で外観から見ていきます。

ダイヤテック・製品情報 Majestouch MINILA JP68キー 赤軸
http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=1319





Majestouch_MINILA_05.jpg



Majestouch_MINILA_06.jpg



Majestouch_MINILA_07.jpg


まずは中身を確認。
キーボード本体・プラカバー・USBケーブル・キー引き抜き工具・交換用キーキャップ、といった内容物。






Majestouch_MINILA_08.jpg



Majestouch_MINILA_09.jpg



Majestouch_MINILA_10.jpg



Majestouch_MINILA_11.jpg



Majestouch_MINILA_12.jpg



Majestouch_MINILA_14.jpg



Majestouch_MINILA_15.jpg



Majestouch_MINILA_16.jpg



Majestouch_MINILA_17.jpg



Majestouch_MINILA_18.jpg


「Majestouch MINILA」シリーズはレイアウトが英語配列(67キー)・日本語配列(68キー)の2種類
キースイッチがChrry MX/赤軸・茶軸・黒軸・青軸の4種類、合計8ラインナップあり。このモデルは
前述のとおり日本語配列(かな文字なし)・赤軸。キーピッチ:19mm、キーストローク:4±0.5mm
サイズ:幅297x奥行き124x高さ40mm、重量:680g、という仕様になっています。






Majestouch_MINILA_19.jpg



Majestouch_MINILA_20.jpg


コンパクト&2個のFnキーを搭載している事もあって、人によっては特殊に感じるかもしれないレイアウト。






Majestouch_MINILA_21.jpg


特徴の一つとなっているFnキーはスペースキーの両隣にあり。通常のキーよりも少し横長のサイズ。
裏面にあるDIPスイッチで2つともスペースキーに変更する事ができるようになっています。






Majestouch_MINILA_22.jpg



Majestouch_MINILA_23.jpg


テンキーレスモデルで右側にある一通りのキーは、Fnキー経由で操作が可能。左Fnキーの上エリアには
カソールキー、右Fnキーの上エリアにはHome/End/PageUp/Downなど。”+;”の部分にはBack spaceが
割り当てられていたりも。他にF1~F12など該当するキーには側面に刻印が入っています。






Majestouch_MINILA_24.jpg


キーキャップを外してキースイッチを確認。まぎれもなくCherry MXの赤軸。






Majestouch_MINILA_25.jpg


テンキーレスモデルと同様にMINILAも右側面に”FILCO”のロゴ入り、カラーはダークメタリック。
ちなみにこの部分のフレームの高さは220mm、キーキャップも含めると300mm程度。






Majestouch_MINILA_26.jpg


ケーブルは着脱式の仕様で、接続用のUSB端子は背面に装備。その隣にはUSBハブも備わっています。






Majestouch_MINILA_27.jpg


右上にあるLEDはグラファイトカラーのLEDレンズを採用。消灯時はフレームと変わらないくらい真っ黒。
点灯時は真正面から見るとそれなりに眩しいですが、斜めから見ると控えめな輝度に。






Majestouch_MINILA_28.jpg



Majestouch_MINILA_29.jpg


スタンド部には滑り止め用のゴムが装備。これがなかなかの固定力で、直角に立てた状態でも大丈夫。
角度の微調整が多少なりできる作りです。






Majestouch_MINILA_30.jpg



Majestouch_MINILA_31.jpg


裏面にはキーコードを変更・無効にするDIPスイッチを装備、説明は貼られているシールに記載あり。
Fnキーをスペースキーに変更、Escを全角/半角に変更、Win・Appを無効、など詳細は画像を参考に。






Majestouch_MINILA_33.jpg


そのDIPスイッチで変更した場合の交換用キーキャップが4つほど付属。






Majestouch_MINILA_32.jpg


USBケーブルはUSB-MiniUSB、長さ1.8mの仕様。マジックテープ式の結束バンドが付いています。






Majestouch_MINILA_34.jpg


キー引き抜き工具の「FILCO Key Puller」は、単品で市販されているものと同一製品。






Majestouch_MINILA_35.jpg


今まで使っていたキーボード(DRTCKB102UBK/C)と並べてみる。テンキーをそのまま省いた横幅になり
実際に見比べると思っていた以上にコンパクト。この「Majestouch MINILA」はZキーの横列が通常に比べて
やや左寄りになっており、そこが気になるというコメントも見かけましたが、下一列を除けばほぼ同じような
レイアウトを使っていた自分には何も問題なかった。すんなり移行できそうです。






Majestouch_MINILA_36.jpg



Majestouch_MINILA_37.jpg



Majestouch_MINILA_38.jpg



Majestouch_MINILA_39.jpg


まだ届いたばかりの状態なので今回はここまで。続きはある程度使ってから、またレポートします。
第一印象というかちょっと使ってみての感想は、黒軸から赤軸に移行なのでキータッチがとても軽快。
使っていたキーボードよりも手前側が若干高く、最初は少し違和感ありましたがすぐに馴染みました。
でもパームレストを導入すれば、もっといい感じになるかも。あと自分は左手用デバイスが必須なので
理想的な両手のポジションが取れるこのコンパクトサイズは、何気にベストのようです。

<続き>
FILCO 『Majestouch MINILA (FFKB68MRL/NB)』 レビュー ~使用感~

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2913.html




FILCO Majestouch MINILA JP配列カナなし 赤軸 新開発ダブル親指Fnキー配列 コンパクトメカニカルキーボード 6キーロールオーバー USB ハブ1ポート付き ブラック FFKB68MRL/NB
FILCO(2013-02-27)
売り上げランキング: