【デバイス】Razer 『Razer Orbweaver』 画像など

Razer_Orbweaver_05.jpg
(via HardwareZone)

海外で発売されているRazerの左手用デバイス「Razer Orbweaver」。
キースイッチにCherry MX・青軸を採用した、左手用デバイスでは初となるメカニカル仕様のモデル。
海外から取り寄せた購入者も既にちらほらいるようですが、ちょっと見てみます。

Razer Orbweaver Gaming Keypad | Razer United States
http://www.razerzone.com/gaming-keyboards-keypads/razer-orbweaver





Razer_Orbweaver_06.jpg
(via zol.com)


Razer_Orbweaver_07.jpg



Razer_Orbweaver_08.jpg



Razer_Orbweaver_09.jpg



Razer_Orbweaver_10.jpg



Razer_Orbweaver_11.jpg



Razer_Orbweaver_12.jpg



Razer_Orbweaver_13.jpg



Razer_Orbweaver_14.jpg



Razer_Orbweaver_15.jpg
(via Engadget)


Razer_Orbweaver_16.jpg


20個のキーと8方向に割り当てができるサムパッドがメカニカル仕様。パームレスト・サムレストは可動式で
パームレストは角度調整や位置調整、サムレストは位置調整が可能。登録できるキーマップの数は8個。
各設定はクラウドベースのSynapse 2.0を使用。海外での価格は129.99ドル。

この「Razer Orbweaver」を含めて最近のRazerは、ステルス戦闘機のようなデザインとマットな質感になり
個人的には好印象。青軸という事もあってキーボードは「BlackWidow Tournament Edition」(AA)あたりと
合わせたくなりますが、購入を悩んでしまいそうな最大のポイントはやはり価格。日本で発売される場合
12,000円以上にはなりそうですし、過去を例に見ても左手用デバイスの中では一つ抜けている高額品。

でも違う目で見れば後継が登場しても「Razer Nostromo」(AA)は普及モデルとして残りそうな感じですし
2~3機種しか現存していない左手用デバイスの選択肢が増えるのは、朗報以外の何者でもないですね。

<関連記事>
Razer 『Razer Orbweaver』 レビュー ~外観~

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2842.html